最近珍しい人数の減少。

2006年7月23日、雨模様で思ったよりも暑くない中、ハンサム団は行われた。
今回は、最近の傾向と逆行し、6名でのプレーとなった。
参加者は、総帥、タチバナ、カタノ(以上ハンサム団A)マニュー、モリモト、ムネシゲ(以上ハンサム団B)。
今回はニューカマーとしてムネシゲが参加だ。中高バスケ部で今回、長期ブランクからの復活を決めた熱い男だ。
ようこそ、ハンサム団へ。
最近はメンバーも飽和状態になってきていると感じるので、そろそろメンバー募集も打ち切ろうかと考えているが、今回のように6名まで少なくなる時があると、それも躊躇してしまう。
まあ、贅沢を言わせてもらって、次の募集メンバーは身長179cm以上のリバウンドの取れる人にしてみようと思う。
まあ、来なければ来ないでいいけれど。

様子を見る第1Q

ニューカマーや2回目参加などがいるので、とりあえず様子見で第1Qを行う。
ハンサム団Aは総帥、カタノがかき回し、ゴール下をタチバナがガッチリ守り、なかなかハンサム団Bに攻め込ませない。ハンサム団Bはマニューの個人技が光るものの、モリモトもいまいちリズムに乗れていない。ムネシゲも、出だしはなかなかの当たりの強さを見せていたが、ブランクの影響から途中から足が止まってしまっていた。
まあ、ハンサム団Aもオフェンス面では多少かき回す程度でタチバナ、カタノのミドルがポツポツ入る程度でこのQ終了。

ハンサム団Aの猛攻

ウォーミングアップも終わった第2Q。
ようやく総帥が目を覚ます。3Pをいくつかねじ込み、タチバナ、カタノもレイアップやミドルを決め、ハンサム団Bは劣勢に立たされる。
ハンサム団Bはマニュー以外がニューカマーなので、お互いのリズムが分からず、シュートタッチも定らないままなので、なかなかボールが回らず、マニューが孤立する場面が増えていってしまった。
対するハンサム団Aは総帥、カタノ、タチバナと役割分担がハッキリしている分、スムーズな攻撃ができていた。足りないのはジュースだけだった(ジュースの掟無しだけど)。

メンバー交代

第3Qはもう少しバランスを取ってみる。
ボールが回らないハンサム団Bの問題を改善するために、カタノとムネシゲを入れ替えてスタート。
ハンサム団Bはこれで生き返る。カタノがボールをうまく運び、マニューとモリモトを働かせる形でようやくハンサム団Aとの戦力バランスが取れた。しかし、ハンサム団Aもバテバテのムネシゲを休ませるかと思いきや、難しいパスを出し、結構働かせていた事は確かだ。タチバナはゴール下の壁として君臨し、総帥は無茶な体制からの3Pをねじ込んだりと、ムダな活躍はしていた。そう、ジュースの掟適用前は・・・。

目を覚ますハンサム団B

バランスが取れた感じなので、ジュースの掟を適用してみる。すると、ハンサム団Bが目を覚ます。現金なヤツラだ。
ハンサム団Bはディフェンスが格段に積極的になり、カタノが総帥にフルコートディフェンスに付き、モリモトがムネシゲをマーク。マニューはオフェンス面でタチバナを悩ます
そして、このQからモリモトのシュートタッチが格段に良くなり、ハンサム団Aを追い詰める。で、いつの間にか誰が取ったかハンサム団Aが1Jをゲット。少なくともタチバナと総帥がリーチ状態を分かった無かったので非常に不本意だ。が、マニューとカタノが言ったというので渋々認める。
しかし、ハンサム団Aはなかなか反撃できない。
総帥はカタノのフルコートディフェンスをかいくぐってもモリモトに止められたり、ムネシゲもいいシュートを決めるが安定しなかったりと、連チャンにつなぐ事ができなかった。

激しい攻防の第5Q

ハンサム団Aはどうにかしてマイナス分を消すために攻勢に出たいが、前Qからの続きでシュートタッチがイマイチ良くない。が、総帥がどうにか3Pを2本ねじ込み、ノージュースにしてしまう。
いい攻めを見せていただけにがっかりするハンサム団B。そのままハンサム団Aは勝ち越したがったが、シュートタッチが良くなるとともにプレーに自信が出てきたモリモトがディフェンスでも頑張りを見せ、ハンサム団Aの攻撃を止めてしまう。
そして、ハンサム団Bがマニューのリバースレイアップを足掛かりに、カタノのミドル、モリモトのミドルが立て続けに決まり、再度1Jをゲット。そしてそのまま終了。
追いつかれても引き離したハンサム団Bの執着心の勝利だった。

練習風景

カタノの活躍が光った。(いつの写真かと。)
Photo : 総帥(Handsomedan Images)

カタノ、復活の狼煙

katanハンサム団Bに移籍後、開花する。孤立していたマニュー、モリモトへのボールの供給元となり、自分でもミドルや3Pを決め、ハンサム団B勝利の立て役者となる。

引越したぞ!マニュー!

manu遂に引越したマニュー。精神的にも充実を見せる。ちなみに彼の出身地、リヨンは綺麗な所もあるが、危ない地域もあるそうだ。
なるほど〜。なんであんな綺麗な所を出てまで日本に来たのか疑問だったんだが。

 

 














モリモト活躍!

morim後半からシュートタッチが異常に良くなり、ハンサム団B勝利を支えた。ディフェンスもコツを思い出してきたようだ。

ニューカマームネシゲ

munes

運動不足解消を目的に参加とのこと。
体力はまだまだだが、いきなり激しい当りを見せ、能力の片鱗を見せる。覚醒に期待。まあ、何回かやれば大丈夫だろう。

 



















Points

モリモト(7)

前回からシュートタッチが改善される。動きもスムーズになってきた。

カタノ(7)

ハンサム団B反撃の起爆剤。点も取ったし総帥へのディフェンスも効いていた。

マニュー(6)

いつも通りのアグレッシブさ。途中で孤立していた所は不幸だが巻き返した。

総帥(5.1)

評価しにくい所だが、3Pにこだわりすぎるまではペネトレイトも絡めていて悪くはなかった。標準よりはちょっとマシという感じで0.1をプラスして付けてみた。サラウンドかよ!

タチバナ(5)

いつも通りの安定したディフェンス。パスが廻って来なかったのが気の毒。

ムネシゲ(5)

体力の問題があるが、随所に能力は見せていた。ディフェンスとドリブルはなかなか。

※ポイントは、絶対的なものでは無く、個人プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して算出しています。

HandsomedanA!!

ハンサム団Aジュースの掟以降、総帥の3Pとタチバナのシュートが入らなくなった事が一番痛かった。
ムネシゲはシュートタッチは良くなってきていたので、次回に期待!

HandsomedanB!!

ハンサム団B見事な勝利だった。追いつかれても再度取りかえす所が素晴らしい。マニューだけでなくカタノ、モリモトともシュートタッチがジュースの掟以降格段に上がった事が勝因。