News Flash 2006.03.19 Report
Home News about HD Party Div. Gallery BBS Corumn  
previous later memory

練習風景
 
固かったか、ハンサム団!

obi nait
■オビタニ対先生
オビタニが苦手とする先生(体育の先生っぽいので勝手に名付けてます。ゴメンナサイ。)とのマッチアップも今回限り。
やはり熱い火花を散らしていた。
■ナイトウ燃える
ナイトウはサイズを生かし、特徴あるプレーができていた。
メンバーチェンジを生かし、最後まで息切れは無かった。
nita kata
■ニタニ、苦しむ
新規加入でいきなりの試合。遠慮気味なのも無理はない。ペネトレイトでは良い所があった。
■カタノ、攻める。
チーム構成で、限られたメンバーの中でうまくボールを回し、頑張っていた。
 
オビタニ退団記念試合。

2006年3月19日、ハンサム団はオビタニ退団記念試合が行われた。
そのターゲットは、前回ダブルスコアと惨敗したKARASUだ。
しかし、今回KARASUは7名しかメンバーが集まらず、12名も集まったハンサム団には、付け込むスキがあるように思えた。ただ、
逆にメンバー構成に総帥が相当頭を悩ませた事はアピールしておきたい。
なお、今回、遂にニューユニフォームがお目見えし、そのユニのカッコよさも含め、ハンサム団はやる気だった。チームUSAそっくりだけど、我ながらカッコイイです。

さて、集合メンバーは、総帥、イケダ、カユミ、フジオカ、オビタニ、カタノ、ナイトウ、ナカタ、クニオ、フロー、ヤマウチ、ニタニの12名。

●まず、緊張の第1Q
スタメンは
ナイトウ、カユミ、ニタニ、オビタニ、総帥の5名。とりあえずスタートダッシュ気味の面子で。
で、出だしはまずまずだった。
オビタニが出だしは良く、3Pまで決める始末。ニタニは少々遠慮気味のプレーだったか。カユミもゴール下を頑張り、ディフェンス面もまずまずで、ナイトウ、カユミのペイント内での頑張りで、いいディフェンスを見せていた。そして、KARASUの攻撃をどうにかしのぎ、このQは9-7でハンサム団リードで終了。

●第2Q。ここは我慢です。
メンバーは、
フロー、フジオカ、ヤマウチ、カタノ、ナカタの5名。みんなの出場時間を勘案した結果、このQは我慢のQに設定した。だが、カタノの3Pが決まり、どうにか形になっていく。ナカタは前回に引き続き、積極的な動きを見せるが、KARASUのディフェンスの前に、なかなかシュートが打てない。「ナカタに3Pがあれば!」というシーンがあるくらい、外では自由に持たされていた。ヤマウチもディフェンス面ではしつこい所を見せていた。
しかし、
KARASUもリズムが出てきており、攻勢を見せるが、ハンサム団も粘り強いディフェンスで、ギリギリしのいでいく展開。残念な事に、フローが3秒ルールを気にし過ぎ、ペイント内であまり存在感を見せる事ができなかった。そして、総帥がペイント内でもっと働け!と言ったのを真に受けすぎて、第4Qではマンマークを外してペイント内で孤立する点も見られてしまい、もっと説明すべきと後で後悔した総帥だった。
その後、フジオカのシュートも決まり、総合スコアで逆転したKARASUと1P差でぴったりと付けた。スコアはこのQでは8-11(合計17-18)でKARASUがリードを奪った。

●第3Q。ちょっと反撃したいが…
メンバーはフロー、イケダ、クニオ、カタノ、ニタニ。少し押し戻すイメージで。クニオ、カタノの動きが良く、ニタニもうまく動いていたものの、シュートタッチが良くない。イケダもどうにかフリーを作り出しシュートを打つも、外れてしまう。対するKARASUがかなりいい調子になってきていた。ディフェンスのウラを付かれ、いくつかのイージーシュートを決められ、点差が開いてしまう。ハンサム団は第1Q以降、シュートタッチがどんどん悪くなっていく印象で、焦りからか結構イージーなミドルも決まらなくなる。そして、このQは12-16(合計29-34)でKARASUのリードは開いてしまった。

●第4Q。いざ、逆転を!
メンバーはナイトウ、フロー、フジオカ、オビタニ、総帥。
5点差のビハインドからのスタート。
しかし、またテンポが悪く立て続けにシュートを決められ点差があっさり開いてしまう。これでテンパったハンサム団、オビタニとニタニがキャラが被ってしまい、相乗効果が出て来ない。また、ナイトウもゴール下で頑張るが、うまく守られポイントまで行きつく事ができない。総帥も3Pを躊躇する始末。
そして選手交代をするが、
カタノが最後のシュートを決めるも、結局2ゴールしか上げる事ができなかった。このQは4-12、合計スコアは41-55で、KARASUの勝利に終わった。
ダブルスコアは免れたが、当初は勝機もあっただけに残念な結果に終わった。

記念写真1
記念写真2
Guapo Deportivo el Punto
■オビタニ(12)
最後の試合。今までお疲れ!またいつか合う日まで…。
■ナイトウ(6.5)
ペイント内は大分勝負できていた。
■カタノ(6)
クニオ共々、ゲームを作ろうとしていた。3Pも決めた。
■クニオ(6)
一番試合を作ろうとしていた。
■カユミ(6)
ペイント内で目立たず頑張っていた。で、燃え尽きていた。
■フジオカ(5)
久しぶりのミドルが決まった。
■ヤマウチ(5)
ディフェンス面では頑張っていた。シュートの精度はこれからの参加度合いによるだろう。
■ナカタ(4.5)
ボールを外で持たされている印象。
■イケダ(4)
たまにどフリーを作り出すが、シュートが決まらなかった。
■ニタニ(4)
少し遠慮してしまった。初めてでコンビを組ませるのは酷な話だった。
■フロー(4)
難しい事を言われ、混乱してしまったか。もう少し自由にしてもらおう。
■総帥(4)
言い訳をすると、ユニを配ってメンバーのケアをしながらカメラも撮って、自分のプレーも100%発揮するのはムリ。練習でボールに触りたかった。
ポイントは、絶対的なものでは無く、個人プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して算出しています。()内はゲットしたジュースの数です。
Handsomedan handsomedan
今までにない、ハンサム団の方がメンバーが多い全体記念写真。
あとは勝っていれば!!
このバナーはユニを作ったら付いてきました。そんな事なら、ハンサム団はカタカナで書いて欲しかった!
■次のハンサム団はいつ?
2006年4月13日だー!