総帥また1足デビュー!

2012年8月5日、ハンサム団はハンサムスタジアムで行われた。
集合メンバーは総帥、ヒロセ(以上ハンサム団A)ナイトウ、オオハマ(以上ハンサム団B)の4名。
今回は、ロンドンオリンピックが始まってしまって、ガマンしてたのにNikeOsakaに行ってしまい、結局Air Force 180を買ってしまった総帥だった。
次は Nike Hyperdunk+ に期待。高そうなので、順調にアウトレットに落ちてくる事も期待。

ハンサム団B優勢ぎみ。

第1Q、ハンサム団Aのシュートがサッパリだが、ハンサム団Bはナイトウのミドルやオオハマのペネトレイトで点を取る。連チャンにはならないものの、リーチ状態もあり、優勢にゲームを進める。
このQは0-0。

優勢ではあるが、慣れられても来ている。

第2Q、ハンサム団Aは、ヒロセのミドルや総帥のフックシュートなど、ちょっとずつシュートが入りだす。しかし、ハンサム団Bもナイトウのインサイドからのミドルや3P、オオハマのペネトレイトなどで応戦。
そして、このQも0-0のまま。

反撃開始だが。

第3Q、ハンサム団Aは総帥の3Pにめどが立ちはじめ、それにヒロセのミドルが決まり、リーチ状態をいくつか作り出す。しかし、最後のツメが甘く、Jゲットには至らない。ハンサム団Bはナイトウが疲れだし、3Pを多用するが、それが練習となり、3Pの精度が上がってくる。オオハマは相変わらずの運動量で攻守ともにがんばっていた。
このQも0-0が続く。

均衡はまだまだ続く。

第4Q、ハンサム団Bは開始30秒でナイトウがインサイドに切り込んでレイアップを披露後、3Pかミドルに頼る展開。オオハマも思いきり良く切り込んで来るが、シュートの精度が上がらずにハンサム団Aを追い込むほどにはならない。
ハンサム団Aは総帥の3Pが散発で決まるが連続で決まらず、苦しんでいる。
このQは0-0、Jをゲットするのはどのチームか!?

遂に試合が動く!

第5Q、ハンサム団Bはナイトウが唐突に3Pを2本ねじ込み、1Jゲット!遂にゲームが動いた!!それに焦ったハンサム団Aは総帥が3Pを多用して、ヒロセもミドルを果敢に打つも外れ続ける。
このQは0-1、遂にハンサム団Bがリード!

最終Q、ハンサム団A、巻き返せるか?

第6Q、ハンサム団Aは逆転を狙う!が!総帥もヒロセもシュートが入らない。
対するハンサム団Bも特にシュートが入るでもなく、このQ終了。
結局0-1でハンサム団Bの勝利に終わった!
















練習風景

ハーフコートでも楽しいものさ!
Photo : Handsomedan Images

ナイトウの3P連発!

ナイトウの3P連発!2連発のJゲットはあまり印象にない感じだが。もともとのポテンシャルはある。

ヒロセのチームプレー。

ヒロセのチームプレー。総帥がまったく空気を読まず、ヒロセのパスを出したい方向にいなかった。ごめん。

Air Force 180

Air Force 180AF180も買っちゃった!
ロンドン2012真っ最中なので、ムラムラして!


オオハマの体力。

オオハマの体力。ペネトレイトからリバウンドまで、良く働いていた。

3P依存の総帥

3P依存の総帥最近、変に3Pの調子がイイからか、走るのをサボっているのは良くない。

Barcelona 1992

Barcelona 1992AJ7オリンピックと並べてみた。ほら、西宮がバルセロナに見えてきただろう?


Points

ナイトウ(6)

体力があるうちはインサイドで戦い、体力が無くなるとアウトサイドで戦う、ベテランらしい老獪さを見せた。

総帥(6)

そこそこシュートは入ったが、今回は足が使えなかったか。

オオハマ(5.5)

体力勝負に強く、ディフェンスでもオフェンスでも頑張っていた。

ヒロセ(5)

インサイドでナイトウと上手く戦い、ナイトウの体力を削いでいた。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A暑さからか、ふわ〜っとゲームをしてしまった印象。




ハンサム団B

ハンサム団B暑さにやられる事も計算ずくでのゲーム展開だった。