3週連続開催!

2012年6月10日、ハンサム団はハンサムスタジアムで行われた。
集合メンバーは総帥、シミズ、ナイトウ、クニオ、オオハマ。
土壇場で3名がいなくなり、フルコート5名という陣容だ。ルールは当然、総帥恐怖のハンサム団5名ルールだ。
今回、シミズにもやっとハンサム団チロルチョコを渡して、やっと全員に渡したつもりになっている総帥だった。
また、終了時にシミズが親戚からもらったという事で、ベイスターズとジャイアンツのアウトレットシャツをみんなにプレゼントという嬉しいサプライズがあった。

5名ルールの牙が早速。

第1Q、このQは連チャンに技を混ぜずに認定。ナイトウ、シミズの軸にクニオも絡め、アッサリと1Jゲット。他は見どころは無し。
このQはシミズ、ナイトウ、クニオの+1J。

まだまだこのルールは総帥に容赦無い。

第2Q、要はシミズ、ナイトウという勝ち組にどれだけ乗れるかという戦いの図式と判明してくる。そこに今回乗ったのはオオハマで、シミズのアリーウープを絡めての連チャンで+1J。
総帥は早くも-3Jに達する。

盛りかえしかける。

第3Q、総帥の3P(技認定のため、得点としては2pt)をきっかけに1Jをようやくゲット。
オオハマはインサイドに磨きがかかるが、ナイトウが体力を消耗しないため、結構キレを保っている。
-2Jで総帥、クニオ、オオハマが並び、+3Jでナイトウ、シミズが並んでいる。

動き無し。

第4Q、総帥の3Pは外れ続け、シミズ、ナイトウのミドルで技無しの3連チャンとかはあったが、技を入れこめずにJゲットならず。
このQはJの動き無し。

まだ動き無し。

第5Q、このQも動きは無かった。技が枯渇してアリーウープやらに固まってしまったので、他の技を使おうと考えて失敗する事も多かった。

油断した!

第6Q、このQで総帥は痛恨のミスを犯す。オフェンスが誰か覚えて無いという事で、シミズにアッサリとオフェンスを譲ってしまった。そこから恐怖の攻撃が始まりナイトウの3Pからの1Jゲット。
その後、クニオのアリーウープからの連チャンでまた1Jゲットで終了。
合計は総帥−5、シミズ+5、ナイトウ+2.5、クニオ0、オオハマ−2だった。





















練習風景

3週連続だとハーフコートは物足りない。
Photo : Handsomedan Images

シミズのシュート力

シミズのシュート力シミズの正確なシュートにチームメイトは乗っかっていた。

ナイトウの体力

ナイトウの体力ハーフコートで動かなくて良い時のナイトウのインサイドとシュート力は脅威だった。

技を勉強中のオオハマ。

技を勉強中のオオハマ。技を気にしてしまい、シュートを躊躇しながら打っていた。まだ技は早いか。


ハンサム団チロルチョコ

ハンサム団チロルチョコ3月には作っていたのだが、これでようやく配付する事ができた。なお、包み紙をマグネットなどにする時は、このサイトを参考に購入して欲しい。

技に溺れたクニオ

技に溺れたクニオ途中まで、調子は悪く無かったのだが、技に気を取られ、プレーがおろそかになっていった。

残念な総帥。

残念な総帥。5名集合の時点で覚悟していたさ。


Points

ナイトウ(6.5)

体力が持つとシュート力がアップ。

シミズ(6)

とりあえずシミズに乗っかっておけばOKな日。

クニオ(5)

「技」に集中力を奪われたか、本来のプレーを見失う場面も。

オオハマ(4.5)

このルールの難しさを体感した様子。

総帥(4)

苦手意識の払拭から始めよう。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団Aシュートを打ちたがるとこのような結果に。




ハンサム団B

ハンサム団Bシュートを正確に打つとこのような結果に。