ほぼ、わかばBBC。
来てくれてありがとう。

2012年5月13日、ハンサム団はハンサムスタジアムで行われた。
集合メンバーは総帥、タナベ、コバヤシ(以上ハンサム団A)、イチイ、オオハマ、カトウ(以上ハンサム団B)。ハンサム団は2名しか来なかったが、わかばBBCから4名参加してくれて、元気に開催できた。
ハンサム団ルールの3on3でゲーム。

シュートが続かない。

第1Q、ハンサム団Bが多少攻め込むも、連続シュートにはならず、ハンサム団Aはそもそもシュートが入らずに終了。
このQは0-0でお互いノージュース。

まだまだシュートが入らない。

第2Q、ハンサム団Aはコバヤシがゴール下で真価を発揮しだす。役割分担が明確になって来ていた。が、総帥、タナベともシュートが入らず。ハンサム団Bもイチイのシュートは入るものの、オオハマ、カトウのシュートタッチが上がらずにリーチにはなかなか至らない。
このQも0-0のまま。

だんだん調子が上がってきたか?

第3Q、ハンサム団Aはコバヤシのリバウンドからタナベのシュート、総帥のペネトレイトなど、やっとリーチ状態までは漕ぎ着けるようになってきた。
ハンサム団Bはハンサム団ルールの呪縛か、リーチからのシュートがプレッシャーからかなかなか決まらない。
このQも0-0が続く。

遂に、動いた!!

第4Q、少しずつ調子を上げてきたハンサム団Aだが、それと無関係に総帥が3Pを2連発ねじ込んで1Jゲット!!愕然とするハンサム団B。
このQ、ついに1-0、ハンサム団Aがリードを奪う!!

反撃する!

第5Q、ハンサム団Bは反撃開始。イチイのミドルを中心に、カトウのミドルも決まりだし、いくつかのリーチ状態を作り出す。オオハマのリバウンド力も忘れる事はできない。しかし、ハンサム団ルールの呪縛か、リーチ後のシュートが決まらない。何度も胸を撫で下ろすハンサム団Aだった。
このQは0-0、合計1-0、ハンサム団Aのリードのまま。

まだまだ逆転を狙う!

第6Q、ハンサム団Bはどうにか逆転したい。リーチまで持ってくる事は可能なものの、どうにも最後が攻めきれない。
逆にハンサム団Aはコバヤシがインサイドからレイアップをねじ込み、タナベのミドルなどでリーチ状態になるが、最後の正確性に欠く。
結局このQも0-0、合計1-0でハンサム団Aの勝利に終わった!

練習風景

熱戦が繰り広げられた!
Photo : Handsomedan Images

総帥vsイチイ。

総帥vsイチイ。3P2本をねじ込んでJを呼び込む総帥と、熟練の動きと正確なシュートを持つイチイの対決。
なかなか楽しかった。

コバヤシvsオオハマ

コバヤシvsオオハマ二人とも、身長からは想像できないインサイドでのバトルが見物だった。


タナベvsカトウ。

タナベvsカトウ。前半はカトウの運動量にタナベが押されていたが、後半、慣れてくるにつれてタナベが攻撃力を見せ始めた。

広々体育館。

広々体育館。対面はからっぽだった。
広く使えて良かったよ。


Points

総帥(6)

Jを一人で奪い取ったものの、他は全く働かず。

タナベ(5.5)

後半から調子が上がってきた。

オオハマ(5.5)

インサイドでコバヤシと渡り合う。シュートはまだまだ伸びしろが。

コバヤシ(5)

インサイドで存在感。リバウンドを取りまくる。

イチイ(5)

正確なミドルと、運動量を誇る。

カトウ(5)

高い潜在能力は見せていた。動きの素早いプレーヤー。。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団Aハンサム団ルールに慣れたもの。リーチ時さえ真面目にやっていれば勝利は掴める!薄氷だったけど!





ハンサム団B

ハンサム団Bハンサム団ルールに戸惑いながらも、勝利まであと一歩だった。