ナイトウ復活!

2012年4月29日、ハンサム団はゴールデンウイーク前半のまっただ中にハンサムスタジアムで行われた。
今回は、ナイトウの肉離れ復帰戦。どうにか4名かき集めて行われた。
参加メンバーは総帥、ナイトウ(以上ハンサム団A)、シミズ、ヒロセ(以上ハンサム団B)。
ハンサム団Jの掟適用。

おとなしい序盤。

第1Q、大体シュートが入らないスタート時。シミズの調子が上がってこなかったのはハンサム団Aに取ってラッキーだった。ナイトウもブランクから、ちょっとシュートタッチが固かった。
このQは0-0のまま終了。

少しずつ点が入るが…。

第2Q、ハンサム団Aはナイトウがインサイドからシュートを決めだす。ハンサム団Bもシミズのミドルが少しずつ決まりだし、ヒロセの調子待ちな感じに。
このQも0-0のまま。

遂に試合が動く!

第3Q、ハンサム団Aは総帥、ナイトウのミドルからのナイトウのレイアップで遂に1Jゲット!!
ハンサム団Bも攻勢を強めるがハンサム団A決死のディフェンスで決めさせない。
このQは1-0でハンサム団Aがリードを奪う!

まだまだ動く!

第4Q、ハンサム団Bの反撃が始まる。シミズの調子はそこそこだが、ここに来てヒロセの調子が上がってくる。シミズのミドルからヒロセがインサイドからねじ込み、アッサリと1Jゲット。連チャンは無かったものの、このQは来るべき時代を感じさせた。
このQは0-1、合計1-1でタイスコアに。

もっと試合が動く!!

第5Q、ハンサム団Bは止まらない。軽く1Jゲット後、シミズ、ヒロセと連チャンを決めて一気に3Jゲット!!意気消沈するハンサム団A。焦りが見えてシュートが決まらなくなる。
このQは0-3、合計1-4でハンサム団Bがリードを奪いかえす!

一気に逆転を狙うハンサム団A!!

第6Q、最終Q。後が無いハンサム団Aは、総帥、ナイトウと一応3Pシューターが揃っている。お互い相談の上、3Pを狙っていくことにした。しかし、狙えば狙うほどシュートが入らなくなってくる。
そして、ハンサム団Bはそれをあざ笑うかのようにシミズとヒロセのミドルが決まり、1Jを追加。
このQは0-1、合計1-5でハンサム団Bの勝利に終わった。

練習風景

遂にナイトウが復活!!
Photo : Handsomedan Images

シミズのシュート力

シミズのシュート力後半につれて調整してきてシュートが入るのはさすがと言うしかない。

リハビリナイトウ

リハビリナイトウ今回は病み上がりだから、次に存在感を出してもらおう。


後半からヒロセ

後半からヒロセ後半、調子を上げて勝利に大貢献。

総帥は水物。

総帥は水物。スタートダッシュに失敗すると、大体回復できないのを何とかしたいとは思ってる。


Points

ヒロセ(6)

ヒロセが当たりの時、そのチームには勝利が訪れる。

シミズ(6)

途中からエンジンがかかり、得点、インサイドとも存分に力を発揮。

総帥(4)

シュートが外れ続け、シミズのディフェンスもままならず。

ナイトウ(4)

ミドルがなかなか決まらない。ブランクのせいと思いたい。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団Aなんか、策も無くフワフワとプレーしてJを取られまくってしまった。


ハンサム団B

ハンサム団B後半につれて調子が上がってきた。インサイドもアウトサイドも制覇した。