新年一発目のハンサム団。

2012年1月29日、新年一発目のハンサム団はハンサムスタジアムで行われた。
集合メンバーは総帥、クニオ(以上ハンサム団A)ナイトウ、ナカタ(以上ハンサム団B)
総帥とナイトウは10日に西宮えびすで福男にチャレンジしていたが、クジに外れ、アッサリと圏外が確定してしまったのは残念だった。が、朝には集まって走った。
お隣に一人っきりでバトントワリングの女の子がいたので、技を見れるかとワクワクしていたが、携帯で話してばかりでちょこっと練習したっきりでそそくさと帰るという、なんとなくやりきれない感じだった。

いきなり。

第1Q、初シュートが決まらないまま時間が過ぎていくが、唐突に総帥が3Pを沈めて初ポイント&初3Pの二つ取りを見せた。その後、総帥が2連チャンでアッサリと初Jをゲット!
盛り上がるハンサム団A。
このQは1-0でハンサム団Aがリード。

低調。

第2Q、ハンサム団Aは総帥が3Pを沈め、クニオもレイアップを決めリバウンドも奪うなど元気一杯。リーチ状態まで何度か持ち込むが、ハンサム団Bの決死のディフェンスでJは食い止められる。
ナイトウは疲れだすが、そのあたりから点を取り出す。ナカタはまだ調子が上がらない。
合計1-0でハンサム団Aのリードのまま。

おとなしい感じ。

第3Q、ナイトウは疲れているが、ナカタの調子が上がって来る。しかし、ハンサム団Aも決死のディフェンスを見せJは取らせない。
合計1-0でハンサム団Aのリードのまま。

遂にゲームが動く!。

第4Q、ハンサム団Aは突き放す。総帥の3P2連発で1Jゲット!!しかし、またまた連チャンは逃す…。ハンサム団Bもナカタのミドルが決まるも、リーチまでならずこのQ終了。
合計2-0とハンサム団Aのリードが広がる!!

反撃開始!!!。

第5Q、危険な香りを放っていたナカタのミドルを起点にナイトウのミドルも決まり、ついに1Jをゲット!連チャンもかなりありえる危険な状態だったが、ハンサム団Aの運でどうにか切り抜ける。
合計2-1とハンサム団Bが追い上げる!!

最終Q、ハンサム団A、逃げ切るのか!?

第6Q、残り時間の関係から12分プレー。初めはプレー時間の長さを嫌がるナイトウだったが、そこから恐怖の粘りを見せる。ハンサム団Aが淡白なプレーに終始してポイントを取れない中、ハンサム団Bはナカタのミドルが決まり、ハンサム団Aに緊張が走る。そして、ナイトウの3Pが無情にも決まり、ゲーム終了。
ついにこのQでハンサム団Bが追いつく!時間延長がなければ逃げ切れたのに!!
合計2-2で2012年初のハンサム団はドローに終わった。

………そして、恐ろしいことが分かった………リングを出す時に上げ忘れたため、リングの高さが20cmほど低かったのだ!!総帥の3Pがバンバン入った立場が無くなった!!つうか、誰か気づけ!

練習風景

体育館の広さに慣れてきた。
Photo : Handsomedan Images

初ポイントは総帥。

初ポイントは総帥。何となく打った3Pが決まりまくるという不思議さ。

インサイドのクニオ。

インサイドのクニオナイトウとインサイドでまずまず戦えていた。リバンも点も取った。








疲れたナイトウの恐さ。

疲れたナイトウの恐さ疲れきると、アウトサイドから打つシュートが決まりまくるという恐ろしさ。

好調ナカタ。

好調ナカタ。最近外れの日が減ってきており、そこそこのミドルを決める危険なプレーヤーに変貌。







Points

総帥(7)

なぜか、3Pが入りまくる日だったが、リングが低かったとは!!

ナカタ(6.5)

調子を整えてきてシュートが決まり続ける。

クニオ(6)

ミスマッチながらもナイトウとインサイドで戦えていた。

ナイトウ(6)

疲れきってからのナイトウは恐怖。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A連続で入らないだけで、得点はたくさん取ったチームだったが、今回のルールはそういうゲームでは無かった…。


ハンサム団B

ハンサム団B得点は取れないものの、キッチリとJをゲットしてドローに持ち込んだ。