どうしようもない人数に。

2010年6月13日、ハンサム団はハンサムスタジアムにて行われた。
集合メンバーは総帥、ナイトウ、ナカザワ。
人数がギリギリでヤバいなー、と思っていたらアッサリ当日ドタキャンが発生して、遂に3名でのプレー。ギリギリでギャンブルに勝つのが総帥の自信でもあったのだが、その自信はアッサリと打ち砕かれた。
記憶では、3名プレーは中央体育館の頃にあったような気が…。
しかも、体育館の対面が空いており、次のコマも空いているため、広い体育館で3人ぽっちという非常に人口密度の薄いゲームとなった。

どうにか3名で遊べないかと、基本、1on1で、空いた1名はオフェンスチームに所属して動かずにパスを受け渡しする事ができるようにしてみたら、まずまず遊べた。
ま、定例できちんと更新できたとしても書けるのはそれくらいだ。

今回は大雨のために体育館に少年野球チームがなぜか大量に非難してきており、ロビーは人でごった返していた。それが、その後のナイトウの悲劇につながるとは誰も予期できなかった。
ロビーに人がおらずにいたら、あの小銭入れは放置のままだったかも知れないのに…。















練習風景

シュートを決められたら自分への戒めとして腕立て伏せをしている所。
Photo : Handsomedan Images

総帥vsナイトウ

総帥vsナイトウ無理矢理テンションを上げてプレー。 

ナカザワvsナイトウ

ナカザワvsナイトウどうにかこの位置を守る事ができました。

総帥vsナカザワ

総帥vsナカザワナカザワが疲れてくるのを待っていた状態。

写すものが無い。

写すものが無い。体育館もこんなピンぼけ写真しかなく。

Points

覚えてないよ!

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。




ハンサム団

ハンサム団A全員が勝者であり、

ハンサム団

ハンサム団B全員が敗者である。