どうにか3on3。

2009年11月23日、ハンサム団はハンサムスタジアムで行われた。
集合メンバーは総帥、シミズ、クニオ(以上ハンサム団A)フクシマ、ニシオ、フジモト(以上ハンサム団B)。今回もフクシマの活躍でフジモトが新参戦を果たしてくれたことで、ギリギリ3on3ができる事となった。メンバー選びも、ハンサム団Avsチームフクシマ的な感じで構成。ゲームはハンサム団Jの掟ルールにて開催。

思わぬ取り合い。仮想Jだが。

第1Q、Jの掟は仮想設定で。
ハンサム団Aは総帥の3Pの調子が当たりっぽくシミズ、クニオのミドルが続き、軽く1Jをゲット。その後もシミズ、クニオのレイアップやらミドルやらに総帥の3Pが絡んで2連チャン、合計3Jをゲット。
対するハンサム団Bはフジモトが起動中でおとなしかったが、ニシオ、フクシマのミドルで1Jを取り返す。
このQは3-1でハンサム団Aのリード。

勝負開始。

第2Q、ガチ勝負にて。
ハンサム団Aは総帥、シミズのシュートが入らなくなる。クニオのみ孤軍奮闘ぎみ。
そして、ハンサム団Bはフジモトが適応をはじめて、インサイドでの守りにセンスを見せるため、ディフェンスも激しくなって来る。しかし、ニシオ、フクシマの調子が上がらず、お互いに点が入らない。
このQはノージュース。

攻撃開始。

第3Q、ハンサム団Bの調子が上りぎみ。フジモトがようやく初シュートを決め、ニシオの調子が上り出す。フクシマのミドルも含め、リーチ状態まで漕ぎ着けるようになるが、肝心のとどめのシュートを外し、Jゲットならず。実はリーチ宣言忘れのため、ノージュースでもあったが。
ハンサム団Aは総帥が3Pを着実に外し続け、シミズもイマイチ、クニオもつられてシュートが入らない我慢の時。
このQもノージュースのまま。

拮抗状態が崩れる。

第4Q、ハンサム団Aがようやく牙をむく。
おとなしめのシミズだったが、シュートの正確性を取り戻し、ミドル2連発、クニオが止めのリバースレイアップを沈め、遂に1Jゲット!チャンスをようやくモノにした。
ハンサム団Bもフジモトが調子をつかみ出すが、なかなかリーチ状態まで行きつく事ができない。
このQで遂にハンサム団Aが1-0のリードを奪う。

まだまだ攻める。

第5Q、残り時間の関係から12分プレー。
攻撃がようやく噛み合い出すハンサム団B。
フジモトのリバウンドを手がかりに、外からニシオ、フクシマがかき回していくつかのシュートを決める。
しかし、未だにリーチ状態からはミスが続き、流れを掴む事ができない。
対するハンサム団Aは調子が出てきたシミズを中心に、総帥のペネトレイトからのシュート、クニオのミドルで1Jゲット。
残り2分となったところで、ハンサム団Bがロングシュートでギャンブルを狙うが、それがことごとく外れ、反対にハンサム団Aの総帥が3P2連発を沈めて追加で1Jゲット。
このQは2-0、合計3-0でハンサム団Aの勝利に終わった。

練習風景

今回はカメラを忘れて携帯で撮影。
Photo : Handsomedan Images

シミズvsフジモト

シミズvsフジモトフジモトは覚醒中だったが、後半はシミズ相手にリバウンド勝負で互角に持込んでいた。
シュートタッチもまだまだだが、センスの片鱗は見せていた。

クニオvsフクシマ

クニオvsフクシマクニオの調子はまずまずで、得点を取りまくる。フクシマもクニオのディフェンスになかなか持ち前の攻撃力が見せられないでいた。




総帥vsニシオ

総帥vsニシオパスコースを探して動き回るニシオととりあえず困ったら3P打っておけ的な総帥。
総帥はペネトレイトをニシオに何度も止められていた。

場所が余った。

AJ7今回は久々にAJ7にて登場。前日にこれで街履きしているもったいない人を見たもんで。





Points

クニオ(7)

調子の浮沈みが少なく、安定したプレーを披露。

シミズ(6)

良い時はミドルを外さないが、途中で低調な時間も。

総帥(6)

調子の浮沈みの激しさが特徴。

ニシオ(5)

いつもよりもミドルが決まらなかった印象。

フクシマ(5)

後半はどうにか形にしてきたが、前半がおとなしすぎたか。

フジモト(5)

動きを思い出している最中だが、才能の片鱗は見えた。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団AJの掟は、ルールに慣れている選手が多い方が勝っている印象。
プレーのメリハリの付け方に慣れている方が勝ち、的な。

ハンサム団B

ハンサム団Bフジモトが覚醒したらなかなか接戦になれたのではないだろうか?
フクシマ、ニシオともおとなしめだったのが勝ちに結びつかなかったか。