フジタ、結婚おめでとう!!

2009年10月18日、ハンサム団はハンサムアリーナで行われた。
集合メンバーは総帥、ナカタ、ヒロセ、フクシマ(以上ハンサム団A)フジタ、クニオ、サクライ、ニシオ(以上ハンサム団B)。ハンサム団インフルエンザ渦などの影響(シミズ、娘さんは治ったかい?)で、開催1週間を切って参加人数が6名まで減ってしまったが、サクライとニシオの参加でどうにか4on4でのプレーができた。ちなみにひさびさ参加のフジタは9月に結婚したばかりで、新婚旅行はオーストラリアだったそうだ。おめでとう。

激しい攻防。

第1Q、お互いになかなかの攻撃を見せる。
ハンサム団Aは総帥の3P、フクシマのミドル、ヒロセのオフェンスリバウンドからのシュートなどで得点を重ねる。
対するハンサム団Bはニシオの調子が出ない中、フジタ、サクライ、クニオのシュートでリードを奪い返して終了。
このQは12-14で、ハンサム団Bのリード。なかなかの好ゲームが期待できそうだった。

総帥、止まらず。

第2Q、総帥の勢いが珍しく止まらない。3Pを外さず、たまに速攻もしたりして得点を重ねるフクシマも難しいミドルを決め、ハンサム団Aを勢いづける。ヒロセ、ナカタのディフェンスも見逃せない。
ハンサム団Bはパスミスなどが続き、調子が出ないが、これも後に花ひらくための試練だったのかも知れない。
このQは16-8、合計29-22でハンサム団Aがリードを奪う。

立て直し。

第3Q、またイーブンの展開に。
序盤はハンサム団Aの勢いがまだ残っており、総帥がフリースロー崩れの4点プレーを作るなど、リードを奪う。しかし、ここまでハンサム団Aは個人技と運に任せた展開だったことは否めない。
後半、ハンサム団Bはメンバーの相互理解が進み、パスの流れがスムーズになってくる。身長の関係で止むなくセンターを努める事になったクニオだったが、ブロックショットを2発かました事でかなり気分良くプレーをしている事がチームを勢いづかせる。それに続いてフジタ、サクライのパスからようやく目覚めたニシオが点を取り出したところで終了。
このQは13-11、合計42-33でハンサム団Aのリードは広がっていた。

一気呵成。

第4Q、ハンサム団Bの反撃が続く。
4人のメンバーのパス交換からニシオ、クニオが着実に点を重ね、ハンサム団Aのシュートミスをフジタが確実に速攻で決める。サクライもペネトレイトをかます
焦りが見えるハンサム団Aはフクシマがミドルをどうにかねじ込むが、ハンサム団Bの勢いを止めるには至らない。
しかし、途中でサクライが転倒して頭を打ったので、一時休憩。
再開後はヒロセがインサイド守ってどうにかハンサム団Bの勢いを抑えてこのQ終了。
このQは6-17、合計48-50でハンサム団Bが一気にリードを奪い返した。

蹂躙。

第5Q、残り時間の関係から8分プレー。
ハンサム団Bの勢いはまだまだ続き、ハンサム団Aの意気消沈はまだまだ続く。
クニオが難しい体勢からのシュートを全て沈め、ニシオのシュートは確実性に磨きがかかる。サクライも3Pを決めるアタリの日で、フジタは相変わらずのトリッキーなプレーで得点を重ねる。
つまり、チーム自身がかなりノってきていた。
対するハンサム団Aは全員が負のオーラに引っ張られ、難しいシュートばかりを打ってしまい、なかなか点が取れなくなってしまっていた。
このQは2-17、合計50-67でハンサム団Bはアクセルを緩めない。

まだ蹂躙。

第6Q、時間は10分プレーで。
ハンサム団Bの勢いは穏やかになったものの、スムーズなパス回しから、シュートチャンスを作り出し、確実なシュートが決まり続ける。特にエンジンがかかった後のニシオの正確なシュートは誰も止められなかった。クニオのシュートタッチも素晴らしく、インサイドからの難しいシュートをしっかり沈める。サクライ、フジタも肝心なところできっちりシュートを沈めていった。
ハンサム団Aはもはや、反撃する力を残していなかった。
このQは5-12、合計55-79でハンサム団Bの大勝利に終わった。

練習風景

この写真の時点では、こんな事になるとは思わなかった…。
Photo : Handsomedan Images

ヒロセvsクニオ

ヒロセvsクニオフィジカルで優るヒロセにもクニオは臆する事なく戦い、リバウンドのポジション争いでも優位に立っていた。特に得点力では今日のクニオに戦える選手はなかなかいない。

総帥vsサクライ

ヒロセ&アライ前半の総帥はアンタッチャブルだったが、後半、自らの調子の良さに疑問を持ち調子を落とす。
サクライは最近不調ぎみだったがチームの好調に乗せられてロングシュートを決めていた。



















フクシマvsニシオ

フクシマvsニシオ前半はフクシマのディフェンスがニシオを抑え込んでいたが、フクシマが疲れてしまうとニシオのシュートが襲いかかった。

ナカタvsフジタ

ナカタvsフジタナカタは最後までシュートの調子が上がらずに苦しんでいた。
フジタは途中から本領発揮し、トリッキーなパスやシュートで存在感をアピール。





















Points

クニオ(8)

慣れないセンターでもしっかり活躍。シュートもたくさん決めた。

ニシオ(7)

スロースターターだったが、後半のシュートは全て入った印象。

フジタ(6)

ひさびさの参加だったが、速攻時にしたたかなプレーで貢献。

サクライ(6)

ロングシュートが良く決まっていた。パスワークもさすが。

総帥(6)

前半のシュートタッチは良かったが、後半のチームを引っ張る意識が欠けていたか。

フクシマ(4.5)

中盤で調子を上げてきたように思われたが、最後に疲れてしまっていた。

ナカタ(4)

動き自身は悪く無かったものの、シュートタッチが悪すぎたか。

ヒロセ(4)

インサイドの守備では貢献したが、シュートの正確性を欠いてしまった。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A前半と後半でこんなにも違うとは。
結局、運任せのチームではあった。

ハンサム団B

ハンサム団B後半の反撃は相手に恐怖を与えた。流れるようなパスワークから、一番楽な選手がシュートを沈めるイメージ。
調子の良い選手が集まったと言うよりも、チームとして調子が上がってきた感じがする。