ひさびさの3on2。

2009年9月6日、ハンサム団はハンサムアリーナで行われた。
集合メンバーは総帥、ナカタ、ナカザワ、サクライ、フクシマといういささか寂しい人数。
今回は体育館の我々の前のコマで“キンボール”なる非常に危ない名前の見た事の無い競技が行われていて、大変興味深かった。ちょっとやってみたかったくらい興味深かった。
で、肝心のハンサム団だが、5名なので(総帥にとって)恐怖のハンサム団3on2のルールが適応された。
ルール説明をした際にフクシマがこのルールの本質をアッサリ理解して「じゃあ、シュート打たない方が得じゃないっすか!」と言ったのは実に鋭かった。
Air Jordan 2009 HOF今回、総帥は前日に発売されたAir Jordan 2009 Hall of Fameを初配備した。
今回はコートを走り回るでもないので大した印象は無し。強いて言うなら、AJ20に近いフワフワ感がある気がする。
で、焦って買ってしまったが、85%の確率でアウトレット落ちするであろう売れ行きの様子だ。焦りは目を曇らせる……。

ルール適応の練習。

第1Qは一応、練習クォーターという設定で行われた。
攻撃3名に対して守備2名なので、基本ディフェンスは緩く、点は入りまくった。
しかし、その中でもナカザワの出来は出色だった。他の全員がチビッ子でミスマッチという事もあり、ゴール下へのパスは必ずねじ込む。ナカタも前回よりシュートの精度が上がり、久々のフクシマも調子が良さそうだ。という事でその3名のセットでアッサリと仮想1Jをゲットした。

さて、本番。

第2Qからが本番だ。
ナカザワの調子の良さは変わらず、総帥がペネトレイトから点を取り、1Jゲット。そして、フクシマの調子も上がってきて、彼の活躍でまたまた1Jゲット。サクライは調子が悪くないのだが、なぜか負け組ばかりにいる羽目に。
このQの集計は、総帥(+2)、ナカタ(-0.5)、ナカザワ(+2)、サクライ(-3)、フクシマ(-0.5)。

ようやく理解が進む。

第3Q、理解が進み、ディフェンスにも余裕が出てきたか序盤はなかなかJが動かない。
しかし、オフェンス側もナカザワかフリーの選手に渡せば何とかなるという理解が進み、Jが飛び交いまくる。その中でもナカザワは負け組に属さずJの搾取側サクライは負け組にいるが、自分のシュートで少し取り返したりと動きが激しい。ナカタの調子も前回よりも全然良く、点をとりまくる。
集計は、総帥(+0.5)、ナカタ(+1)、ナカザワ(+5)、サクライ(-5)、フクシマ(-2)。
サクライは集計停止ギリギリラインで踏み止まった。

フクシマ、炸裂。

第4Q、ナカザワ、フクシマ、サクライのセットが大暴れをする。
基本、ハンサム団3on2ルールでは3連チャン以降は得点がリセットされ、次にJをゲットするのはまた3連チャンが必要となるのだが、9連続ゴールで3Jゲットをしてしまう。
前のQあたりから明らかになってきてはいたのだが、フクシマのシュートの精度が素晴らしい。この頃になると、フリーでのミドルシュートは外さない。という事で、第3Qで黒字だった総帥とナカタがアッサリと借金に転落。
集計は、総帥(-3.5)、ナカタ(-3.5)、ナカザワ(+9)、サクライ(-2)、フクシマ(+1)。
ナカザワの貯金が着々と進み、サクライの借金も着々と減っている。

少し膠着?

第5Q、リーチからの決め手を欠く展開に。
借金返済を目論む総帥が積極的にポイントを取りナカザワは後半ミスが出て来たものの、正確なプレーを披露。サクライも好調さをアピール
ナカタもディフェンスは苦労するがミドルは沈めている。結局このQは1Jしか動かずに終了。
集計は、総帥(-2.5)、ナカタ(-5)、ナカザワ(+10)、サクライ(-1)、フクシマ(0)。
今度はナカタが集計停止ラインで踏み止まる番だ。

最後は踏み越えるヤツが!!!

第6Q、ナカタ、ナカザワ、フクシマのセットが大攻勢に出る。
ナカザワ、フクシマのミドルも決まり続け、ナカタもそれに続いてミドルを決め、3Jをゲット。総帥とサクライは右往左往するしか無かった。
そして、時間途中で総帥がリミットの-5Jを越してしまい、Jのカウント終了。その後も淡々とゲームは続くが、今回はナカザワ、フクシマの出来が素晴らしい日だった。
集計は、総帥(-5.5)、ナカタ(-3)、ナカザワ(+12)、サクライ(-4)、フクシマ(2)。
ま、Jのカウントは酷暑の中行われているので多少の誤差はご愛嬌。
総帥は3on2での相性は非常に良くないというジンクスは続く。

練習風景

3on2だと、捏造写真です。
Photo : Handsomedan Images

総帥vsフクシマ

総帥vsフクシマニューヘアスタイルのフクシマが休憩時間もシュート練習に勤しみ、素晴らしいシュートの精度を見せる!
総帥は、まあ、ぼちぼち。

ナカタvsサクライ

ナカタvsサクライ先週のページと同じ場所で同じマッチアップ!
今回はナカタのシュートタッチもなかなかの正確さをみせる。サクライも点を取りまくっていた。































センターナカザワ

センターナカザワ他の選手との身長差が10cm近くあり、ミスマッチを着実に生かしていた。大人げなく得点もリバウンドもとりまくっていた。

ニューボールたち。

ニューボールたち。先週撮り損ねていたニューボールたち。
やはり、新しいボールの感触は好きだなあ。

































Points

フクシマ(7.5)

空き時間のシュート練習がここまで如実に結果を出すとは!
ニューヘアスタイルにヒミツがあるのか!?

ナカザワ(7)

ミスマッチだったとはいえ、シュートチャンスは外さない。

サクライ(6.5)

前回よりもより好調に。シュートを打った瞬間に入った事を予告。

ナカタ(6.5)

今回はミドルの精度が上がり、活躍。後半どうにかポイントを持ち直す。

総帥(6)

ディフェンスが緩いのでペネトレイトを仕掛けていた。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

かったもん

ハンサム団A調子の良いなかでもより調子の良い選手たちが勝ちを確実なものにした。

まけたもん

ハンサム団B点は全員取っていたが、やはり勝ち馬にうまく乗れなかった選手がズブズブと借金を重ねてしまったか。