またまた選挙に行こう。

2009年8月30日、ハンサム団は概ね1.5ヶ月の沈黙を破り、ハンサムスタジアムにて行われた。総帥がフルコートをムリヤリ取ったのでフルコートで3on3が行われた。
集合メンバーは総帥、ナカタ、ナカデ、ヒロセ(以上ハンサム団A)ナイトウ、サクライ、クニオ(以上ハンサム団B)。
空白期間があった事で結果的に猛暑は過ぎ去ったようだ。そして、ハンサムスタジアムには入口に大型の扇風機が配備されていた。休憩時には大分役立っていた。
なお、写真を撮るのをスッカリ忘れていたが、今回からスポルディングのNBAオフィシャルボールが配備され、ハンサム団のボールの充実具合は他のチームを寄せつけないレベルになっただろう。プレーレベルは知らん。

おためし期間。

このQはナイトウとヒロセが入れ代わり。ハンサム団Aは総帥が休み。
序盤はなかなかシュートが決まらないが、ハンサム団Aはナカデのミドルを皮切りにナイトウがインサイドからのレイアップを決め、ナカタも積極的にドリブル突破を図る
対するハンサム団Bは後半から少しづつシュートが決まりだし、クニオ、サクライのミドルで食い下がる。
このQは12-8でハンサム団Aのリードだった。

入れ替え。

チーム構成を考え、ヒロセとナイトウのトレードしてみた。これで均衡が取れると思われた……。
第1Q、ハンサム団Aはナカタが休み。
またまたシュートが入らないものの、ハンサム団Aはナカデがペネトレイトからのシュートを沈め、静かなスタートを見せる。ハンサム団Bはサクライが3Pを沈め、ナイトウもミドルを沈めて対抗、クニオも速攻を見せる。
このQは9-11でハンサム団Bのリード

耐え忍ぶ。

第2Q、ハンサム団Aはナカデが休み。ハンサム団Aに早々に訪れた試練ではあった。そして、このあたりからハンサム団Bはシュートタッチの良さの片鱗を見せつつあった。
いつもはパスを選択しがちなクニオが積極的にペネトレイトからのシュートを決め、ナイトウのロングレンジからのシュート、サクライのミドルなどシュートタッチが良い印象を与える。
しかし、ハンサム団Aは総帥が3Pをねじ込んではね返すという状況で、しまいにブザービーター3Pを沈めてどうにか点差を開かせなかった。
このQは11-10、合計スコア20-21でハンサム団Bがちょっとだけリードのまま。

耐えたハズだが。

第3Q、ハンサム団Aはヒロセが休み。
ハンサム団Aはようやくナカデが戻ってきたのだが、ハンサム団Bの勢いがハンサム団Aを叩き潰す。
ハンサム団Aはゴール下にビッグマンがいなくなり、ナイトウがリバウンドを拾いまくる。それを自分で沈めたり、走るのが面倒な時はクニオ、サクライに任せて自由に点を取りまくる。しまいにはクニオの3Pという珍しいプレーまでも飛び出す始末。
このQは5-13、合計25-34でハンサム団Bが抜け出してしまった。

まだまだピンチ。

第4Q、ハンサム団Aは総帥が休み。残り時間の関係からこのQと最終Qは7分プレー。
ハンサム団Aは調子が上がらないナカタ、ヒロセをカバーするため、ナカデが積極的にシュートを打つが、それがなかなか入らない。
それを後目にハンサム団Bの好調は続き、ナイトウの3Pがようやく決まったり、サクライ、クニオのミドルが決まったりと好調は続く。しまいにクニオのブザービーターで終了
このQは4-15、合計29-49とハンサム団Bが大幅なリードを奪う。もはや、これまでなのか!?

しかし!!

第6Q、ハンサム団Aはナカタが休み。交代のいないハンサム団Bは少しづつ疲れが見えてはきていた。
ハンサム団Aは点差を縮めるべく、ナカデ、総帥が精度はともかく、そそくさとシュートを打ち、ヒロセがリバウンドを奪う!守備面でもようやくナイトウ、クニオの動きを止める事に成功し、このQ終了。
このQは12-5だったが、合計41-54とハンサム団Bの大差での勝利で終わった。

練習風景

パスを回しまくり、点を取りまくるハンサム団B。
Photo : Handsomedan Images

ヒロセvsナイトウ

ヒロセvsナイトウ守備面ではヒロセも健闘していたが、攻撃面でナイトウの調子が良く、得点を取りまくっていた。

ナカタvsサクライ

ナカタvsサクライナカタのシュートの調子がなかなか上がらず苦労するなか、サクライはチームの好調を引っ張る調子の良さを見せていた。




















ナカデvsクニオ

ナカデvsクニオナカデが個人で打開しようともがく中、クニオは個人でもよし、味方を使ってもよしという調子の良さだった。

総帥ひとり

総帥asリッキーコーナーが余ったので一人で出してみた。リッキー君がバルサに移籍した記念。




















Points

ナイトウ(7)

サイズを生かしたゴール下からのシュートからロングシュートまでなんでもござれ。

クニオ(6.5)

パスだけでなく、シュートの精度もすばらしかった。

サクライ(6.5)

最近では出色の出来。多くのシュートを決める。

ヒロセ(4.5)

インサイドでの存在感は出せたか。もう少し点が欲しかった。

ナカタ(4)

シュートタッチがなかなか上がらず。

ナカデ(4)

珍しく不調を最後まで引きずってしまった。

総帥(4)

特にテーマも持たず、何となくプレーしていた。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A思ったより点差が開く。
こういう時は選手の能力よりもその日の調子の悪い選手が集まってしまうもの。

ハンサム団B

ハンサム団B大勝する時はアタリの選手ばかりが集まる。1Qだけでそれは見抜けなかった…。
中盤で、全員が笑いながらロングシュートを決める光景が忘れられない。
今回のポーズは、世界陸上直後という事で。