一瞬の集中力の差。

2009年7月12日、ハンサム団はハンサムスタジアムにて行われた。
集合メンバーは総帥、ナカタ、ナカザワ、フクシマ(以上ハンサム団A)フジオカ、クニオ、ナカデ、サイトウ(以上ハンサム団B)
ま、雨も降らず真夏の様相を呈した暑い体育館だった。しかし、真夏はもっと暑いハズだ。

おとなしい序盤。

静かなスタートとなったが、あまりシュートが入らない。
しかし、エンジンがかかり出した中盤以降はハンサム団Bが攻勢を強め、クニオのレイアップ、ミドルなどが決まり、サイトウもインサイドからシュートを決める。
ハンサム団Aもナカザワのレイアップ、ナカタのミドルなどを沈め、ハンサム団Bを追いすがる。
このQは8-12でハンサム団Bのリード。

点が入りだす。

第2Q、お互いにオープンな展開に。
ハンサム団Aはフクシマの調子が良く、ミドル、速攻などで点を取りまくり、ナカタもミドルを沈める。インサイドでは総帥が外したシュートをナカザワがねじ込み、得点を重ねた。
ハンサム団Bはクニオのシュートタッチが良く、ミドル、ペネトレイトからのリバースレイアップなど、技を見せつける。サイトウ、ナカデもポイントを決め負傷明けのフジオカもミドルを沈める。
このQは15-14、合計23-26でハンサム団Bのリードは変わらず。

ナカザワ吠える。

第3Q、ハンサム団Aの攻撃力が光る。ナカザワがオフェンスリバウンドを拾ってはねじ込み、単独でのレイアップまでも決める。フクシマは速攻から一人でポイントを奪い、総帥も何とか速攻で貢献。ナカタもフジオカとの1on1から得点を決める。
ハンサム団Bはクニオのシュートタッチに陰りが見え、ナカデの調子も上がらない。
このQは18-11、合計42-37でハンサム団Aが初のリード。

ナカデ、覚醒。

第4Q、これまで比較的おとなしかったハンサム団Bのナカデが突如覚醒。
速攻、ミドル、レイアップと全てのシュートを1人で入れ続け、ハンサム団Aのディフェンスをズタズタにする。そのショックは大きく、今まで安定して点を取っていたナカザワのシュートタッチまで狂わせる。
その後、ハンサム団Aも少しだけ立ち直りを見せるが、反撃には至らない。
このQは6-21、合計48-58でハンサム団Bが逆転、一気に大量リードを奪う。

これでは負けられない!

第5Q、ハンサム団Aも黙っていない。ナカザワのインサイドを起点に、フクシマがミドルを決め、ナカタのペネトレイト、総帥のどうにかこうにか3Pなどで追い上げを図る。
ハンサム団Bはナカデの調子は良いが、ボールが回らずに攻撃の機会が少なくなる。クニオもおとなしくなり、フジオカの調子は上がらない。サイトウがどうにかインサイドでのシュートを決め、速攻も決めてどうにか反撃を食い止める。
このQは15-10、合計63-68でハンサム団Bのリードは変わらないが点差は縮まる。

最後に笑ったのは!?。

第6Q、ハンサム団Bは逃げ切りを図るべく、ゆっくりとしたパス回しから確実なシュートを狙ってきた。
ハンサム団Aは点差もあるので、急いでシュートまで持込もうとするものの、なかなかシュートが決まらない。
ハンサム団Bはナカデ、サイトウのミドルで逃げ切るかに見えたが、ハンサム団Aも3Pを捨て、着実なパスからナカザワがポイントを重ね、点差を開かせない。
結局このQは10-10、合計73-78でハンサム団Bの勝利となった。あの4Qさえ無ければ…。

練習風景

こういう場面が多かった…。
Photo : Handsomedan Images

総帥vsナカデ

総帥vsナカデナカデの得点力に翻弄される(写真参照)が、第4Q以外では案外ディフェンスは頑張っている総帥だった。
当人の得点力はダメだが。

ナカザワvsサイトウ

ナカザワvsサイトウインサイドでのポジション取りはナカザワの方が有利だったか。パスやリバウンドも絡めてナカザワの得点力は目立っていた。サイトウもフックが最近不発だが、ミドル、レイアップとかなり決めていた。






フクシマvsクニオ

フクシマvsクニオ得点を取り合う二人。前半はクニオの得点力が光るが、フクシマも試合を通じて得点を奪っていた。

ナカタvsフジオカ

ナカタvsフジオカ負傷明けのフジオカを攻めて、前半はミドルを決めていたナカタ。後半からおとなしめになってしまっていた。フジオカはミドルを決めるも、距離感に迷いがある印象だったか。












Points

ナカデ(7)

第4Qに突如すばらしい輝きを見せた。得点力は相変らず。

ナカザワ(6.5)

インサイドでの攻守で存在感を見せていた。

フクシマ(6.5)

ブランクがあったものの速攻やミドルの精度が高かった。

クニオ(6.5)

着実なパスで勝利に貢献。前半は得点力も見せる。

サイトウ(6)

ミドルからレイアップまで得点力がアップ!

ナカタ(5.5)

前半はなかなかミドルを決めていた。ペネトレイトもまずまず。さて、国税庁職員になれるか!?頑張れよ!

フジオカ(4)

負傷明けで、まだおとなしめのプレー。

総帥(4)

最近不調。3Pが入らない。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A好調なナカザワ、フクシマに支えられたチーム。
あの第4Qさえなければ勝利を祝えただろうに…。

ハンサム団B

ハンサム団B第4Qだけの輝きだけでなく、他Qでもそこそこの得点力。
しかし、あの第4Qでのナカデの集中力、他メンバーのディフェンス力は素晴らしかった。