またまた広々体育館。

2009年6月14日、ハンサム団は空梅雨真っ盛りのハンサムスタジアムにて行われた。総帥の引越後初ハンサム団だったが、デジカメ忘れる替えパン忘れるなどなどの失態をしまくっていた。この記事の写真もクニオ家のカメラだ。ピンチを救ってくれてありがとう。
さて、集合メンバーは総帥、サイトウ、サクライ(以上ハンサム団A)クニオ、ナカザワ、ヒロセ(以上ハンサム団B)。フルコートだが、結局6名しか集まらなかったため広々とした体育館だった。
ハーフコート/3on3/Jの掟適用でのゲームだった。

様子見。

第1Q、一応様子見のためノージュースで。
フィジカルに劣るハンサム団Aは、ミドル〜ロングシュートで対抗。
総帥の3P、サクライのミドルなどが散発で決まり、調子は悪くなさそうに見える。
対するハンサム団Bはシュートが決まらず、インサイドもサイトウの固いディフェンスにより点が入らない。
このQは連チャン無しでノージュースのままだった。

いきなり試合が動く!

第2Q、Jの掟適用にてスタート。
ゲーム開始後、しばらくして総帥がいきなり3Pを2連発。アッサリJをゲット。
連チャンを逃すものの意気銷沈するハンサム団Bを後目に、サイトウ、サクライもミドルを決め、押し気味にゲームを進める。
しかし!ミスマッチを生かしたヒロセが2発沈めた後でナカザワがとどめのレイアップを沈め、ハンサム団Bが1J取り返す。
このQは1-1でタイスコアとなる。

優勢なのはハンサム団Aだが。

第3Q、総帥の3Pはまだまだ冴え渡る。連チャンは無いのだが。
ハンサム団Aは総帥の3Pを元にサクライ、サイトウがミドルを決めてリーチ状態にするものの、フィジカルに優るハンサム団Bのディフェンスに遭い、ミスも手伝ってJを奪う事ができない。
ハンサム団Bもクニオのトリッキーなパスがつながる時にリーチまで行く事があったが、それもモノにする事はできなかった。
このQはタイスコアのままだった。

膠着状態その1

第4Q、ハンサム団Aのオフェンスにも陰りが。
総帥の3Pが入らなくなり、サクライ、サイトウも調子が上がらないことで、リーチをも奪えなくなるハンサム団A。
ハンサム団Bはシュートの調子が上がってきたクニオが散発でミドルをねじ込むが、ナカザワの調子が上がらない。ヒロセもなかなか決める事ができないままこのQ終了。タイスコアのままゲームは進む。

膠着状態その2

第5Q、まだまだジリ貧に。
ハンサム団Aはサイトウのシュートがなかなか入らない。そして、サクライの調子もイマイチ。
しかし、ハンサム団Bもそこにつけ込む事もできず、暑さにやられたナカザワの存在感が消え、ヒロセ、クニオの単発でのシュートのみ
またまた決め手を欠いてこのQ終了。

最終Q!どうなった!?

ま、特に動きも無く、ハンサム団Aはやけっぱちシュートやらでチャンスを潰し、ハンサム団Bも別に反撃も見せないまま終了。
第2Qで見せた1-1のJの取り合いのみがハイライトだった。

練習風景

結構入る3ポイントだが。
Photo : Handsomedan Images

総帥vsヒロセ

総帥vsヒロセミスマッチだったが、総帥の3Pの調子が良かったためあまり関係なかった。
ヒロセも攻撃時にはミスマッチを生かしたオフェンスを見せていた。

サイトウvsナカザワ

サイトウvsナカザワサイトウの不調とナカザワの疲労がシンクロしてしまい、お互い潰しあいの様相に。
ここのどちらかの調子が良かったら勝利はそちらに転んでいただろう。

サクライvsクニオ

サクライvsクニオキラーパスを連発するクニオにサクライがかき回される。
サクライもミドルで対抗する時もあったか。

クニオJr.

クニオJr.今回参戦のクニオJr.、リョータ。広々とした体育館で騒音を気にする事なく野方図に遊んでいた。
大きく育つんだよ。

Points

総帥(7)

一応、シュートは決めていた。ディフェンスも悪くない。

クニオ(6.5)

アシストに切れを見せる。シュートはまあまあ。

ヒロセ(5)

ここぞという時のシュートは決めたが、それ以降はおとなしかったか。

サイトウ(4.5)

ディフェンスでは柱として活躍を見せたが何故かシュートはリムに嫌われる。

サクライ(4.5)

ミドルの精度が低調に。ディフェンス面ではミスマッチのクニオにどうにか対応していた。

ナカザワ(4.5)

イマイチ点に絡めなかった。途中から暑さでプレーが淡白になったか。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A前半の調子が良い時にもっとJを取れるチームだった。
そこで稼いでおかなかった事で勝機を逃す。

ハンサム団B

ハンサム団B前半のピンチを粘り越しでしのいだ事で、敗北を免れたか。
後半、いくつかのチャンスをモノにしておけば。