2on2は正月以来?

2009年5月10日、ハンサム団はハンサムアリーナにて行われた。
集合メンバーは総帥、シミズ(以上ハンサム団A)サクライ、ナカザワ(以上ハンサム団B)。平均年齢はなかなかの構成だ。
最近よくある寂しい感じだが、ゴールデンウィークの鈍ったカラダのリハビリにはハーフコートはちょうど良い気もする。ルールはハンサム団Jの掟ルールで行われた。

コンビプレーが冴える!

第1Q、ハンサム団Bが好調。ピックアンドロールが効果的に決まりポイントを重ねるが、ハンサム団Aの必死のディフェンスでJゲットまでには至らない。
しかしそれでも、ナカザワの高さを生かしたシュート、サクライのレイアップなどで2Jをあっさりゲット。
調子に乗り切れないハンサム団Aを後目に、その後もナカザワ、サクライのミドルで1Jを追加してこのQ終了。
いきなりのハンサム団Bの3Jリードから始まった。

押し気味の展開だが。

第2Q、まだまだハンサム団Bが優勢。ピックアンドロールからのサクライのシュートを総帥が捕まえきれず、ナカザワの高さもシミズが止めきれない。しかし、ハンサム団Bのシュートミスもあり、Jゲットには至らない。
もたつくうちにハンサム団Aも少ないチャンスをモノにする。
シミズのミドルや総帥のフックシュートなどで2Jをゲット!これで波に乗るかに思われた。
しかし、ハンサム団Bはナカザワのリバウンドからのシュート、サクライのペネトレイトシュートなどで点を重ねて1J取り返す
このQはハンサム団Aが1本取り返したため、ハンサム団Bの2Jリードとなった。

ようやく攻勢を見せる。

第3Q、調子に乗ってきたハンサム団Aはまたもチャンスをつかむ。これまで3Pが入らなかった総帥が突然のバカ当たりを見せ、シミズのミドル2本と合わせて一気に3Jゲット!逆転に成功!
ハンサム団Bは疲労から少しづつおとなしくなってくる。
このQでハンサム団Aの1Jリードとなる。

膠着状態。

第4Q、ハンサム団Bは疲れの見えるナカザワがボールを嫌がりサクライにパスを出しまくる。サクライも一人ではシュートを決めきれず、なかなかチャンスをつかめない。
対するハンサム団Aもリーチまでは行くものの、頼みのシミズの調子が上がらずに差を広げることができない。
このQは変化無し。ハンサム団Aの1Jリードのまま。

動かない事が逆にチャンスを。

第5Q、ハンサム団Bは体力が切れたナカザワがゴール下に居座り、リバウンドを取りシュートを打つパターンに。これが結構ハンサム団Aにダメージを与えるが、連チャンまでには至らない。サクライも体力が切れかけており、かき回すまでの運動量が足りなくなってくる。
ハンサム団Aはチャンスをいくつかの掴むが何となく時間が過ぎて行ってしまった。
このQもハンサム団Aの1Jリードのまま。

最終Q!どうなる!?

ここまで調子が上がらないシミズがそれをボールのせいにしてボールチェンジ。
それが功を奏してシミズは調子を上げ、シュートを決める。それに総帥のミドルが加わり1Jゲット!
ハンサム団Bは疲れてしまい、めぼしい攻撃を見せる事はできなかった。
このQはハンサム団Aは1Jをプラスし、合計2Jでハンサム団Aの勝利となった。た。

練習風景

2on2は、後半の展開が単調になってしまうところが寂しい。
Photo : Handsomedan Images

総帥のドリブル!

総帥のドリブル!サクライとのマッチアップを楽しんでいた。
前半は全く入る望みの無いフックシュートだったが、それが入った時、Jゲットの香りがしてきた。

サクライのペネトレイト

サクライのペネトレイトシュートの決まる時と決まらない時がハッキリしていた。ロングシュートは決まらず。
前半のコンビプレーの冴えが継続できなかった。

シミズのミドル!

シミズのミドル!シミズにしては珍しくシュートタッチが悪かったが、決める時は決める。ハンサム団AのJはほとんど連チャン絡みという集中力の高さ。

ナカザワのミドルシュート

ナカザワのミドルシュート前半はミドルシュートの精度も抜群で、サイズを生かしたプレーでも真価を発揮。
残念ながら後半息切れしてしまった。

Points

総帥(6)

点を取ったといえば取った。守れたかといえばビミョー。

ナカザワ(5.5)

疲れたら疲れたなりのプレーはさすが。前半のプレーは相手に恐怖を与えた。

サクライ(5)

前半はトリッキーで効果的なプレーを見せるが後半おとなしめに。

シミズ(5)

後半どうにか帳尻を合わせたが、それまではシュートが不安定だったか。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A体力の勝利!
前半は相手の攻勢に溺れかけていたが、相手の動きが止まるとみるや、反撃を開始して勝利をゲット。

ハンサム団B

ハンサム団B前半のコンビネーションプレーは素晴らしかった。しかし、体力の問題から後半消えてしまっていた。