グッバイ、サカモト!

2009年3月15日、日本でのAir Jordan 2009発売の翌日にハンサム団は行われた。昨日、試着はして来たが、うーん、どうもピンと来ない。実際に見ると案外スピード感を感じないデザインと、ラグジュアリー過ぎるクッション感が物欲を刺激せず。Foamposite Liteの方が欲しいけど、コレは足に絶対合わないのでパス。そして、今回は商品知識が少ない店員に当たってしまい、トークがつまらなかった。
集合メンバーは総帥、ナイトウ、クニオ、フクシマ、マツヒサ、ムネシゲ、ナカザワ、ナカデ、サクライ、ヒロセ、サカモト。
サカモトは今回でレンタル期間が終了し、東京アパッチに戻る事となっている。エヴェッサがほとんど優勝の見込みが無い中、bjリーグでの優勝に向けて頑張って欲しい。しかし最近の傾向で、退団する選手がいるチームは負ける傾向があるので、注意が必要だ。
結果的に2ゲームで行われた。最近は大アタリの選手とかが混じるのでなかなかマッチメークが難しい。

まずは第1ゲーム、ハンサム団Aは総帥、ナイトウ、クニオ、フクシマ、マツヒサ。ハンサム団Bがムネシゲ、ナカザワ、ナカデ、サクライ、ヒロセ、サカモトで行われた。

あいさつ代わり

第1Q、ハンサム団Bはナカザワが休み。
初っ端からハンサム団Aが攻める。クニオのパス、ナイトウのインサイドを軸にフクシマやマツヒサのミドルで点を稼ぐ。
対するハンサム団Bはサカモトが気合を空回りさせ、シュートがリムに徹底的に嫌われる。どうにかしたい他のメンバーも固くなってかなかなかシュートが決まらなくなる。
このQは11-6でハンサム団Aのリード

ディフェンス力?

第2Q、ハンサム団Bはヒロセが休み。このQはお互いにディフェンスが整備されだす。
ハンサム団Aはフクシマ、クニオが粘ってポイントを奪うが、ハンサム団Bもナカザワ、ムネシゲが取りかえす。しかし、ハンサム団Bは速攻からのチャンスを外すなど、リズムに乗り切れない。
ま、それに対するハンサム団Aも総帥がファウルを食らってはフリースローを軽く5本ほど外したのは愛嬌だ。
このQは9-7、合計20-13でハンサム団Aのリードは変わらず

牙をむく

第3Q、ハンサム団Bはムネシゲが休み。
ハンサム団Aはナイトウ、マツヒサがナカザワ、ナカデ、ヒロセを抑え込む。そして、クニオのパスを起点として、フクシマ、総帥が得点を稼ぐ。
ハンサム団Bはサカモトがまだ、なかなか決められず、ヒロセ、サクライもおとなしいままだった。
このQは12-5、合計32-18でハンサム団Aのリードは広がった。

ディフェンスがいなくなるかのような。

第4Q、ハンサム団Bはナカデが休み。
ハンサム団Aの攻撃力が爆発する。総帥のパスカットからの速攻、3P、ナイトウのインサイドからのシュート、クニオのリバウンド、フクシマのミドル、マツヒサの速攻などで一気に得点を重ねる。
対するハンサム団Bもナカザワのインサイドでのシュート、ムネシゲ、サクライのミドル、ようやくリラックスしてきたサカモトのミドルで追いすがる。しかし、ハンサム団Aの得点力には追いつけなかった。
このQは18-14、合計50-32でハンサム団Aのリード

20点差がついてしまったので、一区切りつけてメンバーシャッフルしてみた。
最近は、ちょっと読めない展開が続いている。

ゲーム2は、ハンサム団Aが総帥、ナイトウ、ナカザワ、ナカデ、ヒロセ。ハンサム団Bがサクライ、クニオ、ムネシゲ、フクシマ、サカモト、マツヒサ。
デカイのが集まってしまったハンサム団Aだったが、とりあえずやってみた。

完封。

ハンサム団Bはフクシマが休み。
ハンサム団Aは舐めていた。で、ディフェンスのマッチアップもあまり考えずにゲームに入ったのがすさまじいツケを払う事となる。
ハンサム団Bは得意の走力を生かし、速攻でムネシゲ、サクライ、サカモトなどなどが走り、得点を取りまくる。で、速攻だけでなく、マツヒサがミドルを決め、クニオもパスを上手く散らし、必要ならばシュートも決める。
ハンサム団Aは、まあ特に言う事もない。強いて言うなら無理な体勢でシュートを打たされていたか。打った方が悪いけど。
で、このQは脅威の0-18、ハンサム団Bの完封での大幅リードとなった。

少しだけの反撃。

ハンサム団Bはサクライが休み。8分ゲーム。
ハンサム団Aは入らない気合を無理矢理入れなおし、最後のQに挑む。
ナカザワがどうにかシュートを決め、このQの完封を免れる。
しかし、ハンサム団Bは気分が良くなったサカモトのシュートが決まりだし、フクシマ、ムネシゲもシュートを決める。
このQは9-11、合計9-29でハンサム団Bの勝利に終わった。

しかし一体、いつになったら均衡したゲームというやつが味わえるのだろうか?

練習風景

グッバイ、サカモト!
Photo : Handsomedan Images

フクシマ対サカモト

フクシマ対サカモトフクシマの成長がサカモトの焦りを誘発。サカモトのシュートがなかなか決まらないが、後半持ち直す。

総帥対サクライ

総帥対サクライ総帥は2Q辺りからリズムをつかんで気分良く攻撃しだす。サクライは後半まではおとなしめ。

クニオ対ムネシゲ

クニオ対ムネシゲゲーム1ではクニオがムネシゲに対して効果的なディフェンスを行い流れをモノにした。後半はお互いのコンビプレーで相手を翻弄。















マツヒサ対ナカデ

マツヒサ対ナカデマツヒサの執拗なディフェンスに手を焼くナカデ。彼を抑えた事でゲーム1は勝利をつかんだ。

ナイトウ対ナカザワ

ナイトウ対ナカザワ地味ながらも、ディフェンスでお互いに潰しあう。ナイトウの方が得点は上げていたか。

ナイトウ対ヒロセ

ナイトウ対ヒロセヒロセがせっかくポストに入ってもそのプレーを誰も生かさなかったのが残念。

















Points

クニオ(7)

パスからリバウンドまで幅広く活躍。2連勝は伊達じゃない。

総帥(6.5)

フリースローはアレだが、案外積極的なオフェンスも。

フクシマ(6.5)

守備力だけでなく、正確なシュートも武器になりつつある。

ナイトウ(6)

インサイドからアウトサイドまで奮闘。最近、動けてきている?

マツヒサ(6)

マッチアップに文句を言いながらもそつなくこなす。

ムネシゲ(6)

後半から積極的なオフェンスでチームを引っ張る。

サクライ(5.5)

後半ようやくエンジンがかかってきた印象。

ナカザワ(5)

普段よりおとなしめのプレーか。

サカモト(5)

前半はサッパリだったが、後半に存在感を発揮。シュートも入る。

ヒロセ(4.5)

今回はなかなか厳しい結果に。後半、空回りぎみだったか。

ナカデ(4.5)

イマイチ、ゲームに入れなかったか。もっと決める事ができるハズ。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A Game1

ハンサム団Aはじめから良い印象のチームだったが、それが見事に得点として発揮された。
総帥、フクシマと2名も当たりの選手がいた。

ハンサム団A Game2

ハンサム団A何を打っても入らない、何をしても美味く行かない、シュートを打ってもネガティブな想像が先に立ってしまった。ここもやり方によっては、悪いチームでは無いのに。

ハンサム団B Game1

ハンサム団Bそんなに差があるチームとは思えなかったが、当たりの選手がいなかったか。
途中にミスが多発し、自滅している印象も。

ハンサム団B Game2

ハンサム団B自らの得意なプレーを存分に発揮して、相手にプレーの意思を砕くほどのチカラを見せる。
サカモトも最後には気分良くプレー。