さらば、マニュー!

2009年3月1日、一部メンバーの体育館の登録が遅く、総帥をブチ切れさせている最中(今度やったら、ぐるうぷ〜の登録名が君の名前がサラッと消えるかもね!)、マニューが急遽アメリカに移籍する事になった事が判明。今回のハンサム団が彼のラストとなる。彼は遂に、満を持してサンフランシスコでゴールデンステイトとの契約にこぎ着けたのだ!
※ウソだよ。出向でサンフランシスコに行くんだよ。
開催体育館はラストにふさわしくハンサムスタジアムであった。
集合メンバーは、総帥、マニュー、ナカザワ、ナカデ、ツジタと2回目の登場のマニューの友人シマダ(以上ハンサム団A)ナイトウ、ムネシゲ、サクライ、フクシマ、マツヒサ(以上ハンサム団B)
ひさびさの10名超の集合となった。

おとなしいハンサム団A。

第1Q、ハンサム団Aはシマダが休み。
ハンサム団Bが怒涛の攻撃を続け、フクシマ、ムネシゲのミドルなどで一気に点差を開く。
対するハンサム団Aは開始5分ほど点が入らなかったが、マニュー、ナカデがどうにかポイントを取り、このQは終了。
4-10でハンサム団Bのリード。

ハンサム団A、エンジンかかるのか?

第2Q、ハンサム団Aはナカデが休み。
ハンサム団Bはフクシマのシュートが冴え、ムネシゲ、サクライもミドルを狙う。
ハンサム団Aもどうにか目覚めかけ、ナカザワのミドルやマニューのペネトレイトなどでどうにか食い下がる。
このQは8-12、合計12-22でハンサム団Bのリードが広がる。

フクシマ絶好調!

第3Q、ハンサム団Aはナカザワが休み。
ハンサム団Bは変わらずフクシマの勢いが止まらず点を稼ぎ続ける。サクライのミドル、ムネシゲの速攻やナイトウのゴール下などそれぞれが存在感を見せ、マツヒサはファウルを食らい続けている。
対するハンサム団Aは、ナカデの調子が上がらない中、マニューが意地でポイントを決め、総帥もどうにかミドルを沈めるものの、ツジタ、シマダの調子が上がらず苦しい闘いが続く。
このQは11-14、合計23-36でハンサム団Bのリードがもっと広がる。

ゲームが壊れる。

第4Q、ハンサム団Aは総帥が休み。総帥が休みだからという事でも無いだろうが、恐ろしい事が起こる。
ハンサム団Aはマニューの提案により、ゾーンディフェンスを敷いてみた。しかし、そんな事はお構い無しだった。
ハンサム団Bタイムの始まりだった。
フクシマとムネシゲが速攻のコンビネーションを完成させ、テンポ良くポイントを重ねる。ナイトウ、サクライは3Pを幾つか決め、マツヒサも何回かファウルを食らいながらもディフェンスでナカデを押さえ込む。
ハンサム団Aは焦りからマニュー、ナカデ、ナカザワが簡単なシュートもなかなか決まらない。
そして、このQは10-22、ハンサム団Bは22点という記録的なポイントを樹立。
合計33-58でハンサム団Bの勝利に終わった。
25点差もついていたので、とりあえずこの構成を変更する事とする。そこまでの差とは、読めなかった。

ゲーム2はハンサム団Aが総帥、ナカザワ、ナカデ、フクシマ、マツヒサ、シマダ。
ハンサム団Bがマニュー、ナイトウ、サクライ、ムネシゲ、ツジタで行われる事となった。

さて、再起動!

第1Q、ハンサム団Aはマツヒサが休み。
疲れの見えるナイトウに対してハンサム団Aは適度に休んだナカザワが襲いかかり、レイアップを決める。そして、前のゲームで意気消沈気味だったナカデ、総帥もよみがえり、シュートを決めだす。フクシマの調子の良さは変わらず。
対するハンサム団Bもマニューとムネシゲのコンビプレーが出たりと、悪くは無いのだが、ゲーム1で好調だったサクライのシュートが外れだし、ツジタも調子が出てこない。
このQは19-12でハンサム団Aのリード。

ハイレベルなしばき合い

第2Qは12分プレーで。ハンサム団Aはフクシマ、ナカザワが6分ずつの休憩。
ハンサム団Aは総帥、ナカデが3Pをねじ込み、ナカザワがインサイドから仕掛ける。対するハンサム団Bもようやく目覚め、マニューのペネトレイト、ムネシゲのミドル、ナイトウのレイアップなどで食い下がるが、遂にタイムアップ。
このQは20-17、合計39-29でハンサム団Aの勝利に終わった。
しかし、1Qに17点取って勝てないというのは、ハンサム団Bの不幸だった。
マニューの在籍チームは勝とうという気持ちが空回りしてしまい、2連敗に終わってしまった。

その後マニューの送別会を総帥、ナイトウ、サクライ、シマダと当然マニューも加えて総帥は10年以上ぶりに行った丸喜で行われた。
初めて知ったが、マニューは焼肉好きだそうだ。しかし、焼肉食べ放題の店だけに行っているらしい。
それじゃあ、丸喜でさえめちゃめちゃ美味だった事だろう。

そのあとで送別ボウリング大会になだれ込んだのだが、ここでもマニューは敗北を喫してしまった。今日はどうにもマニューにツキの無い1日となってしまった。
一番のスコアラー?それは総帥に決まってるじゃん!

練習風景

さらば、マニュー!また会う日まで!
Photo : Handsomedan Images

さらば、マニュー!

さらば、マニュー!身長が無いものの、持ち前のスピード、ジャンプ力、そして勝ち気な性格でハンサム団の無くてはならない一員として活躍。実は2度目の退団。1度目の退団はこちら。あの試合かー。で、ここでアッサリ復帰。4ヶ月しか空きが無かったのか!

ナカデ対マツヒサ

ナカデ対マツヒサ結構闘う二人だが、ディフェンス力が上回り、お互いのシュートがなかなか決まらなかった。マツヒサはマニューからも執拗なファールを受けていたのが気の毒だった。

ナカザワ対ナイトウ

ナカザワ対ナイトウインサイドを交互に制覇していった印象。ナイトウは今回はロングシュートが光っていた。
ナカザワは体力が無いと言う割には後半活躍する印象があるが。

ムネシゲ&フクシマ

ムネシゲ&フクシマムネシゲが速攻の最後のシュートを苦しむ中、一緒に走るフクシマがフォローして、得点というパターンを確立。今回のフクシマの出来は素晴らしいものだった。

シマダ対サクライ

シマダ対サクライサクライもゲーム1では活躍を見せた一人。シュートタッチが後半につれて良くなってきた。が、ゲーム2で一気におとなしく。シマダは後半にかけて積極的なプレーが垣間見えた。

ツジタ&総帥

ツジタ&総帥前回あたりからツジタのシュートが決まりだした印象があったが、今回はなかなか厳しいゲームとなった。総帥は、ペネトレイトをちょっとずつ増やしてみている。近日中に個人練習場も確保のハズ!ドリブル練習だけはできるのかな?

Points

フクシマ(7)

いつになくシュートタッチが素晴らしく、かなりの得点を奪っていた。

サクライ(6.5)

今回はシュートを決めまくる。が、ゲーム2で消えていた。

ムネシゲ(6)

全体を通して、安定した活躍を見せていた。

ナカザワ(5.5)

後半、ようやく調子がでてきたか。

総帥(5.5)

ゲーム1は消えているわスグに足をつるわで大変。ゲーム2でちょっと活躍。

ナイトウ(5.5)

ゲーム1の最終Qではペイント内を制覇。3Pもミドルも決めた。

ナカデ(5)

いつもからすると不調。ゲーム2でちょっと盛りかえす。

シマダ(5)

ゲーム2からようやく自分のプレーが出てきたか。

マツヒサ(5)

ファウルを食らいまくっていたのはかわいそうだった。

ツジタ(4)

今回はシュートタッチが良くなかった。

シマダ(4)

前回よりも逆に遠慮してしまった印象。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A Game1

ハンサム団Aシュートを打っても打っても、リングに嫌われて、点がなかなか入らない。
で、ハンサム団Bの活躍を見て、ますます焦る悪循環。

ハンサム団A Game2

ハンサム団A打つシュートが全部入ってしまうイメージ。
前のQのハンサム団Bのテンションがそのまま乗り移ってきた感じ。

ハンサム団B Game1

ハンサム団B1〜3Qまでで地ならしを終え、第4Qの爆発につなげた印象。
点差の余裕から、全員がリラックスしてシュートを決めまくる恐ろしい光景。

ハンサム団B Game2

ハンサム団Bそんなに得点的には悪くないのに、点を取られすぎたために悪いチームという印象に。