2008年ラストゲーム!

2008年12月14日、ハンサム団はハンサムフォーラムで行われた。
集合メンバーは、総帥、フジタ、ナイトウ、ナカザワ、ナカデ(以上ハンサム団A)シミズ、クニオ、ムネシゲ、サイトウ、ヒロセ、サカモト(以上ハンサム団B)の11名で行われた。
また、次週の集まりがイマイチだったため、今週で2008年度のハンサム団は終了となる。恒例のボウリング大会は来年初回に開催予定。それまでトレーニングに励むように。
総帥は前回から、ハンサム団オフィシャルジャージを身にまとい、遂に購入のハイパーダンクを装備してやる気満々に見えたが、前日からスポーツバーに徹夜で籠っていたので、眠さ満々だった。

ボチボチの出だし。

第1Q、ハンサム団Bはクニオが休み。
ハンサム団Aが序盤に攻め立てる。
ハイパーダンクを履く総帥のプレーのみが眠たい(靴は素晴らしく軽い!!)が、ナカデのミドル、ナイトウ、ナカザワのインサイドからポイントを稼ぎ、つかの間のリード。
しかし、ハンサム団Bも黙っていない。ムネシゲのミドルから、シミズ、サイトウのオフェンスリバウンドからのシュートなどで入れ返し、このQは終了。
10-13、ほぼ競った展開だが、ハンサム団Bのリード。

少しずつ取り返す。

第2Q、ハンサム団Bはサカモトが休み。
少し気合を入れなおしたハンサム団Aが反撃を開始。
ハンサム団Bがムネシゲやシミズの正確なミドルで得点を重ねる中ナイトウ、ナカデの3Pで点差を一気に詰め、ナカザワのシュートで逆転。フジタも上手くパスを散らし、反撃に貢献している。そして、総帥だけは着実に3Pを外し続ける。
このQは12-8、合計22-21でハンサム団Aが逆転する。

ビッグマン休憩!

第3Q、ハンサム団Bはサイトウが休み。
ハンサム団Aは待ちに待ったハンサム団Bのビッグマン、サイトウの休憩を容赦なく襲う。
ハンサム団Bの唯一のビッグマン、ヒロセをナイトウが抑える中、ナカザワのレイアップ、通称ナカザワスペシャルが炸裂し続ける。フジタが上手くパスを散らして、ナカデのミドルも決まり、点差を一気に付ける。
ハンサム団Bはムネシゲ、クニオの速攻のミスもあり、点を取る事がなかなかできない。
このQは12-4、合計34-25でハンサム団Aのリードが広がった。

まだまだチャンスか?

第4Q、ハンサム団Bはシミズが休み。
ポイントゲッターの一人、シミズが休みという事で、まだ、ハンサム団Aの攻撃は続くかと思われた。しかし、ムネシゲが先のミスを取り返すべく猛攻を仕掛ける。ペネトレイトから速攻までの攻撃をくり出し、ハンサム団Bを引っ張り、ヒロセもミドルを決める。
ハンサム団Aも押され気味の中、ナカデ、ナカザワのミドルでどうにかリードを守っていた。
このQは10-12、合計44-37でハンサム団Aのリードが少し減った。

反撃開始。

第5Q、ハンサム団Bはヒロセが休み。
ハンサム団Bは走れるメンバーが揃う。
そして、ハンサム団Aは確実に蝕まれていた。疲労という名の悪魔に。
ムネシゲが好調にシュートを決め、クニオも先のミスを取り返すべくミドルを決める。シミズはシュートを外さず、サカモトもミドルを沈める。そして、サイトウはスカイフックを決める。と、あらゆるシュートが入っていった。
対するハンサム団Aはナカデがパスをしようにもナカザワ、ナイトウの足が止まり良い場所で貰えず、総帥はもらったパスをファンブル。フジタも足が止まってしまう
このQは8-20、脅威の1Qに20点ゲットだ。合計52-57でハンサム団Bがゲームをひっくり返す。

一応チャンスではあった。

第6Q、ハンサム団Bはムネシゲが休み。
ポイントゲッターのムネシゲが休む事で、ハンサム団Aにもチャンスの芽は残った。しかし、ハンサム団Bはゴール下をシミズ、サイトウ、ヒロセがしっかりと守り、クニオ、サカモトも労力を厭わずディフェンスに走り、ハンサム団Aを封じ込める。
シミズのミドルを中心にクニオ、サカモトもシュートを沈め、ゲーム終了。
このQは5-8、合計57-65でハンサム団Bの勝利に終わった。
2008年最後のシュートはシミズの放ったミドルシュートだった。










練習風景

波乱の2008年ラストシュートは誰の手に!?
Photo : Handsomedan Images

ナカデvsシミズ

ナカデvsシミズ唯一ハンサム団Aでまともに戦っていたナカデとシミズ。
お互いに点を取りまくっていたが、後半に味方のサポートを失ったナカデが失速してしまう。

ナイトウvsサイトウ

ナイトウvsサイトウ前半、リバウンドから3Pまで、ナイトウも悪くは無かった。
しかし、体力が底を付くのが早すぎ、その後はサイトウがやりたい放題だった。

フジタvsサカモト

フジタvsサカモト23番だらけだが、フジタとサカモトだ。フジタは調子に乗り切れなかった。サカモトは後半から徐々に調子が出てきたか。

オフィシャルジャージ

ハンサム団オフィシャルジャージ前回から配備されたハンサム団オフィシャルジャージ。アウトレットで売っていた上下組のジャージにワッペンを付けただけのもの。だが、同じものを入手不可能なため、他のメンバーが着る事はできないシロモノだ。

総帥vsムネシゲ

総帥vsムネシゲほぼ寝ている総帥に対して、後半特に調子を上げてきたムネシゲ。
自慢の走力とシュート力で容赦なく襲いかかり、ハンサム団Bを勝利へ牽引した。

ナカザワvsヒロセ

ナカザワvsヒロセ前半MVPのナカザワだったが、途中から息切れしてしまう。
そして、後半はヒロセが泥臭いながらも得点を取るまでに盛りかえしてきた。

クニオ

クニオ

ハンサム団Bのオーガナイザーとして、選手をうまく動かしていた。一人だけの扱いなのは、写真の都合上だ。

ハイパーダンク

ハイパーダンク

遂に入手のハイパーダンク。
ナイキストアでの売れ残りっぷりから、いつかFSに落ちてくるだろうと目星を付けていて、狙い通りゲット!凄く軽いが、クッションは固め。ズームコービー3よりはマシなクッションっぽい。

Points

ムネシゲ(6.5)

シュートの調子が後半に向けて尻上がりに良くなっていった。

シミズ(6.5)

後半にはシュートを決め続けていた。リバウンドも良く取った。

ヒロセ(6)

後半、シュートタッチが上がってハンサム団Bのリードに貢献した。

クニオ(6)

後半はチームの潤滑油として活躍。シュートも決める。

サカモト(6)

後半から少ないシュートチャンスをモノにし始めていた。良く走った。

ナイトウ(5.5)

前半は良かったが、ブランクの影響か、途中から足が止まった。

ナカザワ(5.5)

前半のMVP。リバウンドからシュートまで全てをこなす。後半は消えた。

サイトウ(5.5)

おとなしめのプレーだったが、要所でシュートを決め、存在感を出した。

ナカデ(5)

後半、サポートが無くなると点が取れなくなってしまった。

フジタ(4)

パスは出せるが、シュートはイマイチか。

総帥(3)

目を開けて、走っているように見えるが、多分寝ていた。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A何度も書くが、前半だけの残念なチームだった。体力が持つうちにあと10点ほど取っておかねば。
まあ、総帥とフジタが二人で合わせて10点ほど取っておけば良かったのだが、二人の調子も残念なものだった。












ハンサム団B

ハンサム団B休憩が上手く振り分けられ、早さと高さを保ったまま、後半の大爆発につながった。
後半は攻撃力だけでなく、守備力もいかんなく発揮されていた。