須磨のビーチの話で盛り上がる序盤。

2008年10月19日、ハンサム団はハンサムスタジアムで行われた。
集合メンバーは、総帥、ナイトウ、サクライ、ナカデ(以上ハンサム団A)マニュー、クニオ、フクシマ、マツヒサ(以上ハンサム団B)
変に暖かかったので、疲労の残るゲームとなった。
なお、ゲーム前に話題となった、須磨海岸の特定の性の嗜好の人々のあつまるビーチの件は、検索するとザクザクかかるので、興味のある人は見て欲しい。

ウォーミングアップ的な。

第1Q、ゲーム開始時はあまり点が入らない展開が続くが、ハンサム団Aが、ナイトウのインサイド、ナカデのミドルなどで点を取りはじめる。
対するハンサム団Bはいつの間にか結婚式をしていたマニュー、マツヒサのシュートなどで点を入れ返す。
このQは10-12でハンサム団Bがすこしだけリード。

潰しあい?

第2Q、シュートタッチがお互い悪くなり、速攻からの点を外す。
そんな中、ハンサム団Aはナイトウがインサイドで踏ん張ってシュートを決め、サクライもペネトレイトからのシュートを決める。
ハンサム団Bはマニューのシュートが入らないが、フクシマがミドルを決め、点差を詰めさせない。しかし、このシュートが後半のプロローグだった。
このQは8-6、合計18-18でタイスコアとなった。

ウォーミングアップが終わったのはハンサム団Bだけ

第3Q、ハンサム団Bの猛攻が始まる。
今までおとなしかったクニオの組み立てからパスがつながりまくり、マニューの強引なシュート、マツヒサのシュートが決まる。そして、マニューにディフェンスが集まると少しずつ好調さを見せていたフクシマが重要なシュートを決め、ハンサム団Aの戦意を削いでいく。
ハンサム団Aはナイトウが鼻炎の薬を服用して以降、動きが悪くなり、インサイドはマツヒサに制圧される。ハンサム団Aはパスが回らないため、ナカデ、サクライも個人プレーに頼らざるを得なくなるが、なかなかシュートが決まらない。総帥は着実に3Pを外し続けていた。
このQは3-14、合計21-32でハンサム団Bが大幅なリードを奪った。

まだまだ襲いかかるハンサム団B

第4Qも前のQほどでは無いもののハンサム団Bが襲いかかる。
ハンサム団Aにとっての誤算は、フクシマの存在だった。マニューの得点は計算できるものの、フクシマの得点力を計算にいれていなかったのだ。
マニューが切り込み、ディフェンスが集中したところにフクシマがミドルを着実に入れるというパターンが決まり続け、フクシマにディフェンスに行くとクニオやマツヒサが決めるという好循環が続く。
このQも4-8、合計25-40でハンサム団Bがリードを広げた。

せめてもの反撃を。

第5Q。最終Q。そもそも1Qで15点を取る事があまり無いハンサム団の歴史で、15点差以上を跳ね返す事はかなり厳しい。
しかし、元気なサクライが「まず10点差に!」とハンサム団Aを元気づける。
ハンサム団Aはパスが回らないものの、ナカデがミドルを立て続けに決めて点差を詰めるが、クニオのパスからマニュー、フクシマがシュートを決め、リバウンドもマツヒサが拾ってねじ込むというパターンにハマりかける。しかし、ハンサム団Aも諦めずにナイトウがマニューのシュートをブロックするなど闘志を燃やすが、時間は無情にも過ぎて行き、このQは9-4、合計34-48でハンサム団Bの圧勝に終わった。
で、気付いたのだが、集計で1J多く取り過ぎていたみたいだ。異議申し立てが無かったので、まあ、いいか。

練習風景

こんなにフリーでシュートを打てる事は無かった。
Photo : Handsomedan Images

サクライvsフクシマ

サクライvsフクシマ調子に乗り切れないサクライに対し、遂に絶好調になったフクシマ。この日のフクシマは誰も止められない。

総帥vsクニオ

総帥vsクニオ
クニオの見事なディフェンスに何もできない総帥。クニオはブランクがあるという割には見事な運動量でハンサム団Bを引っ張っていた。

ナカデvsマニュー

ナカデvsマニューナカデが調子に乗り切れない中、マニューが得点を重ねていった。

ナイトウvsマツヒサ

ナイトウvsマツヒサ

前半はまだ戦えていたが、ヤクが効いてきたナイトウは動きが止まってしまった。マツヒサはインサイドからの貴重なシュートを決めていた。

Points

フクシマ(7.5)

彼の得点が、そのまま勝敗の点差に繋がっていった。重要なシュートをほとんど決めた。

クニオ(7)

味方にイージーシュートを打たせてるために、素晴らしいパスを供給した。

マツヒサ(6.5)

後半のインサイドを支配。ミドルも決める。

マニュー(6.5)

久々の参加も、得点力は衰えず。

サクライ(4.5)

速攻からのシュートが決まらず、調子に乗れなかった。

ナイトウ(4.5)

前半は存在感があったのだが、後半、ヤクが効いてからはマツヒサに消されていた。

ナカデ(4)

なかなかシュートが決まらなかった。ディフェンスも甘かったか。

総帥(4)

特にシュートも決まらず、クニオに好きに料理されていた。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団Aフタを開けてみたら全員が調子が悪い事が分かったという、残念なチーム。

ハンサム団B

ハンサム団Bマニュー、マツヒサがいつも通りの力を発揮し、クニオ、フクシマが調子が良いときたら誰も止められないチームが完成していた。