前半のナカデ、後半のシミズ。

2008年6月1日、ハンサム団はハンサムアリーナで行われた。集合メンバーは、総帥、マニュー、サクライ、ナカデ、サイトウ(以上ハンサム団A)シミズ、フジオカ、ナイトウ、ムネシゲ(以上ハンサム団B)

第1Q、殴り合い。

ハンサム団Aはマニューが休み。
ハンサム団Aはナカデのシュートタッチが今日はアタリで、ミドルシュートが入りまくる。対するハンサム団Bは、ナイトウのインサイド、ムネシゲのミドルを中心に、得点を取り返す展開。
このQは15-14でハンサム団Aのリードと、結構な殴り合いのスコアとなった。

第2Q、続アクシデント。

このQ、ハンサム団Aはサイトウが休み。
元気いっぱいのマニューが入るが、シュートがお互い入らない。
サイズ的にミスマッチだったこのQで、得点を稼ぎきれなかったハンサム団B
最後はマニューのチョップがナイトウのまぶたを直撃するアクシデントでこのQが終了する。一応、まぶたの経過は良好だそうだ。
このQは10-9、合計25-23と競ったゲームは続く。

第3Q、大量点が入る。

このQ、ハンサム団Aはサクライが休み。
ハンサム団Aはナカデの調子が相変わらず良く、打つシュートが全て入るイメージだった。サイトウもインサイドをナイトウと争い、リバウンドを拾いシュートを決める。マニューは変わらず元気イッパイ。サクライもボチボチ調子を上げていき、体調を整えたハズの総帥だけが相変わらずシュートが入らず、一人蚊帳の外だった。
ハンサム団Bはムネシゲの3P、シミズのミドルなどが入るものの得点が続かない。
このQは18-11、合計43-34でハンサム団Aのリードが広がった。

第4Q、追い付かれかけるが。

このQ、ハンサム団Aは総帥が休み。
ゲームの開始前半5分はハンサム団Bペースだった。ナイトウ、シミズがペイント内から、ムネシゲ、フジオカがミドルを打ち、一気に点差を詰める。
しかし後半、ハンサム団Aも盛りかえし、サクライの速攻、まだまだ決まるナカデのミドルで点差を詰めさせない。
このQは11-12、合計54-46でハンサム団Aのリードは変わらず。

第5Q、正念場のナカデ、休憩。

このQ、ハンサム団Aはナカデが休み。
ミスマッチが生まれるために、ハンサム団Aは正念場を迎えた。
しかし、交代要員がいないハンサム団Bが疲労も手伝ってか、シュートタッチが悪い。
そして、ハンサム団Aはマニュー、サイトウがどうにかポイントを取り、このQは9-5で乗り切った。
合計63-51でハンサム団Aのリードは広がった。

第6Q、12分プレー。

長時間プレーのために、逆転のチャンスがあると意気込むハンサム団B
ハンサム団Aは前半マニュー、後半サクライが休み。
ハンサム団Bは意気込み通り、シミズ、ムネシゲのシュートを皮切りにハンサム団Aに襲いかかる。
シミズはちょっとアンストッパブルになってきていた。ナイトウがインサイドでシッカリとボールを奪い、フジオカもがっちりとディフェンスを固める。
そして、一気にポイント差が縮まり、危機感を募らせるハンサム団Aだったが、後半にマニューが投入され、どうにか点差を守ってゲーム終了。
このQは12-16、合計75-67でハンサム団Aの勝利に終わった。
総帥は、前回ボケ過ぎてニーサポーターを忘れたので、今回はバッチリニーサポーターは持ってきたのだが、バスタオルを忘れるという愉快な感じだった。

練習風景

後半はシミズのゲームだった。
Photo : Handsomedan Images

ナカデvsムネシゲ

ナカデvsムネシゲナカデのシュートタッチがアタリの日だったのが勝因の一つ。
ムネシゲも良く動いていたが…。

シミズvsマニュー

シミズvsマニュー
シミズが後半、キレが出てきた感じでシュートが良く決まっていた。マニューは元気にプレーしていた。今回は難しいシュートが良く決まっていたか。

サイトウvsナイトウ

サイトウvsナイトウウインクのような立ち位置の写真があったので。
ナイトウだけでなく、サイトウもセンターとして頑張っていた。

サクライvsフジオカ

サクライvsフジオカ

サクライはユニが23番でない影響か(しつこい)、シュートタッチが前回ほどではなかった。それはフジオカも然りだった。

Points

ナカデ(7)

前半の好調さは素晴らしかった。

シミズ(7)

後半、徐々に存在感を出していた。

マニュー(6.5)

アグレッシブに難しいシュートを良く決めていた。

ムネシゲ(6)

良く走り、良くシュートを決めていた。

サイトウ(6)

今回はオフェンスよりもインサイドでの守備が素敵だった。

ナイトウ(5.5)

ディフェンス面では壁となり立ちはだかった。

フジオカ(5.5)

シュートは入らず。ディフェンスは頑張る。

サクライ(5)

前回ほど好調ではなかったか。やはり、ユニだな(しつこい)。

総帥(5)

んー、ま…まあ、前回よりはマシ。

※ポイントは絶対的なものでは無く、各プレイヤーのポテンシャルと今回の出来を総合して総帥の独断で決めています。(実は10点満点のつもり。)
なので、あまりこんな事で一喜一憂しないように。

ハンサム団A

ハンサム団A作ったリードをそのまま守り、勝ちにつなげるという、最近あまり無いパターン。一瞬、ヒヤッとはしたかな。

 







ハンサム団B

ハンサム団Bミスマッチ時に得点を貯金できなかった事が最後まで響いた結果か。