M

半年前から依頼の予約あるも、実際に製作に入ったのは1.5ヶ月前位。
これも新婦側からの依頼。名誉だねえ。嬉しいねえ。
司会はしつこく総帥。当初、テーマはポンキッキーズだったけど、NOVAのコマーシャルがおもしろかったので、司会はNOVAの講師のコスプレに変更してみる。そのために総帥は体をちょいと鍛え、一部の女子にウケが良かった。
はじめのゲームは似たもの競争。予算が潤沢にあり、1位はなんと20,000円の商品券!しかし新婦曰く1位の2人はかなりいかさましての1位らしい。どーでもいいけど、そこまでして二次会のゲームに勝ちたいかねえ。フェアに行こうぜ。司会は流れを壊すから何もいわないけど。
2つ目のゲームは世界一の洗濯物。これは実験時からかなりセクシーさが出そうなので、期待していたが、後から見たらカメラワーク最悪。女の子がほとんど写ってなーい!カメラマンは総帥の説教部屋に。でも、けっこうみんな苦労しているのを見るのは面白かった。しかしこれも新婦のもと会社の同僚チームがイカサマしてゲームに勝ったのが気に入らない。そこまでして勝ちにこられてもねえ。白けっちゃうよ。
アトラクションはNOVAスペシャルドリンク。ここにひさしぶりのスタッフを起用。彼の喋りはやはり嫉妬を覚える程上手かった。これは思ったよりもウケて、気分はいい。ビデオを見ると司会者が最後に絡んでいるがこれはムダ。デシャバリは反省する事。

ゲーム1:似たもの競争 ゲーム2:世界一の洗濯物

会場全員に色紙とサインペンを持たせ、即席カップルになり、制限時間内に二人の共通点を書き出す。一番多いカップルが勝ち。

8〜10人が1組に輪になる。そして長いロープをそでから入れて反対側のそでから出す。それを1組全員がつながるまで続け、一番早いチームが勝ち。カメラワークはなるたけ女性を狙うべきだー。けっこう服の中をロープを通すのが難しく、セクシーショット連発ー うふふ。

アトラクション:NOVAスペシャルドリンク

NOVAの講師の格好をした2人のガイジンが、新郎にいろんなドリンクやドリンクじゃないものの好き嫌いをきいてスペシャルドリンクを調合するというもの。作ったドリンクは当然新郎に一気してもらう。スペシャルドリンクを作って飲ませるというのは披露宴の定番出し物(らしい)。新郎が嫌いなものの時はガイジンとジャンケンして、ガイジンが負けても、「負けても**は入れますー」言いつつ嫌いなものを無理やり入れるという所がリハ時にはウケたので、期待していたけど新郎は好きなものばっかりで、披露する事なく終わる。