総帥の靴箱

このコーナーでは、総帥の持つバッシュ達を紹介していきます。
ハンサム団はもともと、総帥がAir Jordanを履きたい!と考えて作られたチームでもあったのです。
結果として数が集まっているものの、総帥のポリシーは「(体育館用に作られた)バッシュは(体育館で)履いてナンボや」というモノです。なので観賞用は一つもありません。ガシガシ(飽きるまで)履きます。
ただ、体育館以外でAir Jordanが履かれているのを見ると睨んだりしています。
購入日、価格などはなにぶん昔の事もあり、うろ覚えばかりなのはご容赦下さい。

Zoom Kobe III 08AllStar
318090-171
White/MetallicGold/VarsityRed/ Maroon

Zoom Kobe 3の赤金。
ファーストモデルの頃から、派手色が出たら買おうと待ってました。
で、ちょうどAJ23と同時に発売されたので購入。
こういう色は、需要と供給が読めません。
派手なのでさほど売れないと、供給側が数を絞るんです。で、その数が少なすぎると店から一瞬で消えてしまうと。という事で、定価で買う事にはすごく葛藤がありましたが、買い逃した時の悔しさを考える(コレは基本、勘違いの元ですが)と耐えられませんでした。という事で購入。
コービーはアディダス経由でナイキプレイヤーになったからか、ネームバリューにしては冷遇されていますよね。靴の名前はシグニチャーモデルなのに、箱は共通のオレンジ箱です。レブロンとはエラい違いです。

インプレッション

一言で言うと、めちゃめちゃじゃじゃ馬でした。
店で履いた時は、「接地感が良い!」と思ったのですが、コートで履くと接地感が良すぎます。
クルマで言うとサスペンションがガチガチの状態。
シリアスプレイヤーか街履きかという感じでした。
その後、何回か履きましたがどうしても足に馴染めず、ほとんど使われなくなりました。
(2009.7.6記)

購入日

2008年2月16日
Nike Osakaにて。

価格

17,850円。定価。
その後、ずうっと店頭で売れ残り、予想通りアウトレット落ち。
最安値は5,000円程度で叩き売られる。
こんな売上じゃあZoom Kobeはずっと共通オレンジ箱でしょう。

ズームコービー3

異形なルックスではあります。
Photo : 総帥/Handsomedan Images

Zoom Kobe III

ソールはゴールドですが、半透明の生ゴム色に金のラメが少々入った状態を金と言っていいものかどうか。
Photo : 総帥/Handsomedan Images